PMTC|横浜 ミズキデンタルオフィス

審美歯科・美容歯科

PMTCとは

PMTCはProfessional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)の略で、 直訳すると「プロフェッショナルによる機械を用いた歯の清掃」で、歯科医師や歯科衛生士などの有資格者が専用の機器を使って歯をクリーニングすることを言います。

普段の歯磨きを丁寧にしていても、普通の歯ブラシなどでは汚れを取りにくい場所もあり、どうしても磨ききらない部分というのが出てきます。
歯と歯ぐきの隙間──いわゆる歯周ポケットや、歯と歯の隙間が特に汚れの残りやすい箇所です。
残った汚れに細菌が溜まり、水に溶けにくいネバネバした物体とともに歯の表面に付着したものが、歯垢(プラーク)です。
歯垢はバイオフィルムの一種です。バイオフィルムは細菌や細菌の作り出した物質で構成される塊のことで、三角コーナーやお風呂の排水口などに見られるぬるぬるもバイオフィルムです。 この中に1gあたりで億単位の細菌が住み着いているのです。
歯垢をそのまま放置すると、いずれ石灰化してしまい歯石となります。
歯石の表面はザラザラしているため、この上にさらに歯垢がつき、汚れが何層にも積み重なっていきます。
こうなってしまうと歯ブラシだけでは取り除けないため、専門的な歯石除去が必要になります。

当院のPMTCでは、専用の器具を使用してプロフェッショナルである歯科衛生士が歯石除去・プラーク除去、バイオフィルム除去を行います。
また、歯垢・歯石や着色汚れを取り除くだけでなく、歯の表面を滑らかにして汚れをつきにくくします。
歯をきれいな状態で保つことで、歯周病や虫歯の予防に繋がります。

保険のクリーニングとの違い

歯科衛生士による歯のお掃除には、保険治療によるものもあります。
これは歯周病治療のひとつとして行うもので、歯面の清掃やフッ素塗布などは含まれません。
これはPMTCの手順のうち歯石の除去だけを独立して行うものです。
歯石は歯ブラシなどでは除去できず、表面がザラザラしているために歯垢(プラーク)がつきやすく、歯肉の炎症や歯周ポケットの悪化につながるので、 歯石除去は歯科治療の一環として保険治療に含まれるのです。
ただし、あくまでも“治療の範囲内で必要最低限”の施術に限られます。
そのため、歯の着色汚れなどについても、PMTCほどにはきれいになりません。

また、一度にお口の中すべてをお掃除することは出来ません。これは保険制度で決まっているためです。
そのため、お掃除のために複数回通院する必要があります。

PMTCの手順

1.お口の状態のチェック

まずは染め出しなどを行い、お口の状態をチェックします。
磨き残しなど、今の状態を確認します。

1.お口の状態のチェック
2.歯石の除去

スケーラーと呼ばれる機械で、歯石を取り除いていきます。

2.歯石の除去
3.歯面の清掃・歯間の清掃

ラバーチップ、ブラシ、カップなどの清掃器具を使って歯面を清掃、研磨します。 フロスで歯と歯の間のお掃除をします。

4.フッ素塗布

上げにフッ素950ppmを塗布し、歯面をコーティングします。
フッ素は虫歯を予防する効果が確認されています。

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
信頼と実績のインプラントセンター横浜ブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 Mizuki Dental Office.