ホワイトニングQ&A|横浜の歯医者 ミズキデンタルオフィス

ミズキデンタルオフィス 045-410-4818
045-410-4818 新規WEB予約

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングQ&A

  1. 費用はどのくらいかかりますか?
  2. 時間と通院回数はどのくらいかかりますか?
  3. 歯はどのくらい白くなりますか?
  4. ホワイトニング後、歯の白さはどのくらい持続しますか?
  5. 痛みはありますか?
  6. 差し歯、詰め物、入れ歯は白くなりますか?
  7. 誰でもホワイトニングを受けられますか?
  8. ホワイトニングは歯を痛めませんか?
  9. なぜ歯は変色するのですか?
  10. どのように歯を白くするのですか?
  11. 現在矯正中なのですが、ホワイトニングはできますか?
  12. ホワイトニング前のクリーニングは必要ですか?
費用はどのくらいかかりますか?

選択いただいたコースによって費用は変わります。

当院の場合は、クリニックで専用機器を使って行なうオフィスホワイトニングが20,000円。専用マウスピースを作製、ご自宅で装着していただくホームホワイトニングが30,000円としています。なお その両方を行なうデュアルホワイトニングの場合は45,000円をお申し受けしています(※すべて税別の金額となります)
オフィスホワイトニングについてもっと詳しく
ホームホワイトニングについてもっと詳しく

時間と通院回数はどのくらいかかりますか?

こちらもお選びいただいたコースによって変わってきます。

オフィスホワイトニングの場合は説明・準備などの時間を含めて1時間半~2時間ほど。これに来院される前の移動時間が加算されます。 ホームホワイトニングは1回につき1日2時間を2週間、ご自宅で行っていただきます。 どちらの施術の場合もカウンセリングを含め、通院回数はそれぞれ3回ほどとなります。
オフィスホワイトニングについてもっと詳しく
ホームホワイトニングについてもっと詳しく

歯はどのくらい白くなりますか?

歯が変色した原因・変色の程度・歯の質などの条件によって個人差は発生します。

ただし個人差はありながらも、基本的にオフィスホワイトニングの場合は1回の施術でシェードガイドの1~2段階ほど白くなるのが平均的な効果です。 ホームホワイトニングの場合2週間ほど続けていただけますと、シェードガイド0.5~1段階ほど白くなります。
オフィスホワイトニングについてもっと詳しく
ホームホワイトニングについてもっと詳しく

ホワイトニング後、歯の白さはどのくらい持続しますか?

残念ながら白さは永久には持続しません。

一般的にオフィスホワイトニングでは2週間ほどで少し後戻りし、ホームホワイトニングではオフィスホワイトニングよりもゆっくりと後戻りしていくと言われます。 ただし、上記は平均的なもので歯の性質や生活習慣・食習慣によって速度には個人差があります。 白さを長く維持するためには、定期的にタッチアップ(追加のホワイトニング)することがお勧めです。
タッチアップの頻度はオフィスホワイトニングの場合は6ヵ月に1度、ホームホワイトニングの際には1年に1度が目安となります。 また、定期的なPMTCや、ご自宅で歯磨きをする際にホワイトニング効果のある歯磨剤(歯みがき粉)を使用することで、より長く維持できます。
オフィスホワイトニングについてもっと詳しく
ホームホワイトニングについてもっと詳しく

痛みはありますか?

体質や歯の状態によって、ホワイトニングでまれに知覚過敏が発生することがあります。

ただしこの知覚過敏は一過性ですので、数日から数週間で痛みがおさまることがほとんどです。

差し歯、詰め物、入れ歯は白くなりますか?

ホワイトニングで白くできるのは天然歯だけです。

天然歯(ご自身の歯)のみ白くなりますので、被せ物や詰め物などの治療した歯は白くならず、元の色のままです。その場合白さにバラつきがでてしまいますので、 ホワイトニング後の白さに合わせて被せ物や詰め物をやり直すことで歯の白さを均一に保つことが可能です。
白い被せ物・詰め物について

誰でもホワイトニングを受けられますか?

場合によってはホワイトニングを避けたほうがよい方もいらっしゃいます。

ホワイトニングの施術は、基本的に20歳以上の方が対象です。 また、下記に該当する方はホワイトニングを避けたほうがよいでしょう。

無カタラーゼ症の方
無カタラーゼ症の方は過酸化水素を分解する酵素をお持ちでないため、ホワイトニングは禁忌となります(薬剤に過酸化水素が含まれることが理由となります)。
エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方
歯の成長過程で、エナメル質や象牙質が十分に発展できない状態を指します。 このような歯にホワイトニングを行なった場合、白くなる効果が期待できないだけでなく、歯髄に刺激を与える恐れがあるため禁忌となります。
虫歯や重度歯周病の方
治療が済んでいないままホワイトニングを行なうと、患部に染みたり症状を悪化させる原因になる恐れがあります。 まず先に虫歯や歯周病の治療を終えてからの施術になります。
内因性変色などのある方
ホワイトニングで白くできるのは外因性変色が中心です。したがいまして乳幼児における病気、神経を抜いた歯、薬剤の副作用(テトラサイクリン系)、加齢による黄ばみなどの場合には色調の変化が見られないケースもあります。
妊娠中、授乳中の方
安全性は確認されていますが、やはり薬剤を用いる施術法ですので、妊娠中のホワイトニングは避けるべきとされています。
ホワイトニングは歯を痛めませんか?

ホワイトニングで歯にダメージを与えることはありません。ご安心ください。

 

なぜ歯は変色するのですか?

歯が変色する原因は外因性と内因性の2種類に分けられます。

外因性とは歯の表面に外部からの色素が付着したものを指し、内因性は歯の内側から生じる着色を指します。

<外因性着色の例>
・食品に含まれる色素が歯の表面に付着(コーヒー・赤ワイン・カレーなど)
・タバコのヤニ等
・イソジンなどの特定の含嗽剤(うがい薬)の持続的使用によるもの
<内因性着色の例>
・歯の神経が死んでしまったために発生するケース
・薬剤の副作用によるもの(テトラサイクリン系)
・乳幼児における病気 等
どのように歯を白くするのですか?

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでそれぞれメカニズムが異なります。

オフィスホワイトニングの場合は専用のライトと過酸化水素(10%)または過酸化尿素(2%)のジェルを使用します。 歯面にジェルを塗り、ライトを当てることによりジェルを活性化させて色素を目立たなくします。
ホームホワイトニングはご自身専用のマウスピースを作成し、そこにホワイトニング用のジェルを入れて口腔内に装着します。 それをご自宅で毎日2時間を2週間ほど続ける必要があります。
オフィスホワイトニングについてもっと詳しく
ホームホワイトニングについてもっと詳しく

現在矯正中なのですが、ホワイトニングはできますか?

矯正装置が付いている時期はホワイトニングをおすすめしません。

装置がついている部分に薬剤がつけられませんし、矯正中に行なうことで痛みが出る場合などがあるからです。 また、装置を取り外した直後には知覚過敏が出やすいため、矯正治療が終わってしばらく期間をおいてからの施術をおすすめします。

ホワイトニング前のクリーニングは必要ですか?

事前にクリーニングを行なうことでホワイトニングがより安全に、効果的になります。

ホワイトニングは歯の表面から薬剤を作用させるために、歯面の状態によって効果に影響がでます。 例えば歯石、プラーク、タバコのヤニのように歯には様々な沈着物・付着物がついています。すると塗布した薬剤はまずそれらの沈着物に作用してしまいます。 当院ではホワイトニングをより効果的に行なうためにホワイトニングの前に専門的なクリーニングを行なっています。
施術に関してご不明点がありましたら診療予約・ご相談よりご連絡ください。

その他のご不明点がありましたら診療予約・ご相談よりご連絡ください。

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
歯科医師 水木ゆき菜オフィシャルブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 横浜の歯医者 ミズキデンタルオフィス