一般歯科・予防歯科|横浜の歯医者 ミズキデンタルオフィス

ミズキデンタルオフィス 045-410-4818
045-410-4818 新規WEB予約

義歯・ブリッジ

義歯・ブリッジ

義歯は保険治療の範囲での対応が可能ですので、コストを抑えた提案が可能です。ただし保険適用の範囲で作る入れ歯は、床と呼ばれる入れ歯の土台部分がプラスチック製になるのが一般的です。
また、強度を出すためにプラスチックを分厚くして作る傾向があり、そのために熱の伝道が悪く、厚みのせいで装着時に違和感があるという人もいます。

入歯にも種類があり、保険適用外の自費治療で作る入歯もあります。費用は高くなりますが患者さんの口腔内容の状態にあわせてカスタマイズしてくれるので、よりフィットするものが選べます。
また見た目の自然さなどに重点をおきたい、噛み切りやすさが一番大切など、患者さんが希望する機能にあわせて選べますので、どのような種類のものがあるのかをスタッフにお問い合わせください。

ブリッジは、抜けた歯の代替を隣の歯で固定させる治療方法です。こちらも保険適用できますのでコストは安価に抑えることが可能です。
仕組みを説明しますと、欠損した歯の両側に健康な歯が残っている場合、歯の代替物を作って両サイドの健康な歯に固定する治療方法です。デメリットとしては、両サイドの健康な歯に負荷がかかってしまう可能性が挙げられます。欠損した歯が1本だけならそれほど高い負荷にはなりませんが、例えば2本並んで欠損、3本並んで欠損というように「複数本の負荷が左右の2本にかかる」状況だと、健康な歯にかかる負荷は非常に高いものになります。

最後にインプラントですが、あごの骨にフィクスチャーと呼ばれる土台を埋入し、その土台の上部に歯の代替となるアバットメントというパーツをつけることで天然の歯同様に噛むことができるようになるという施術方法です。審美的にも自然なので歯を治療したようには見えません。
デメリットとしては保険の効かない治療のため治療費が高額になってしまうことと、埋入には外科手術がともなうことが挙げられます。

当院では、歯が欠損した際には患者さんごとに歯の残存数やあごの骨の厚さ、コスト面などを考慮して、患者さんに最適と思われる治療方法を提示するようにしています。もちろん患者さんがどのような仕上がりを希望しているかもお聞きしますので、どのような治療を望んでいるのかを是非お聞かせください。

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
歯科医師 水木ゆき菜オフィシャルブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 横浜の歯医者 ミズキデンタルオフィス