【顎関節症は再発しやすい?】

顎関節症は、カウンセリングや生活指導のみで完治する人もいれば、何回も再発を繰り返す人もいます。
大事なのは、原因と考えられていることを、除去していくこと。ストレスがある人は、ためすぎないように心がけましょう。
また、片側でかんだり、かみしめ、ほおづえ、歯ぎしり、うつぶせ寝など、悪い癖をなくしていくことも大切です。
ストレスを避け、毎日ストレッチやエクササイズをすることが、再発を防ぐコツといえるようです。
woman_s

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【あごと肩こりや頭痛は関係あるの?】

口の状態が悪く、片方だけで噛むようなあごの動かし方をすれば、あごの筋肉に負担がかかり、周囲の筋肉や神経に波及して、肩こりや頭痛といった症状がでることはあります。
「女性の9割は肩こりもちです。顎関節症になるとその症状が強くなるだけで、もともと肩こりの人は、顎関節症が治っても肩こりはもとの状態に戻るだけです」ですから、あごと肩こりや頭痛の関連性は少なからずありますが、それを強調することは必ずしも正しくはありません。
women_04

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【健康保険は使えるの?】

痛み止めの消炎鎮痛剤、あごの筋肉を保護するスプリント療法、筋肉の緊張を緩和させるマイオモニターの治療は健康保険が使えます。
ただし、かみ合せが原因で補綴治療(自費治療と保険治療)や、矯正治療が必要となる場合は保険が適応となりません。
0904022001

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯並びは関係あるの】

歯並びが悪いせいで、かみ合せがずれてしまい、あごに負担がかかっている可能性も考えられます。しかし、それが直接、顎関節症の原因となっているかどうかはわかりません。
歯並びが悪かったり、むし歯や歯が抜けていたり、入れ歯が合わなかったり、口の中の状態が悪い人でも、顎関節症にならない人はいくらでもいるからです。むしろ、ストレスなどの他の要因の方が多いのかもしれません。
ただし、歯並びの悪い人は「将来、顎関節症になる可能性をはらんでいる」ということはいえるかもしれません。歯並びの悪い人は、かみ合せも悪いことが多いからです。
顎関節症が発症したら、その原因が歯並びのせいなのか、別の原因か、専門家に相談してください。
alignment-natural

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【かみ合わせを治したら予防できる?】

かみ合わせは、多くの歯の病気に影響するといわれていますが、顎関節症にも深い関連性があります。だだし、かみ合わせを調整したら顎関節症を予防できるかといえば、そんなに単純ではありません。
したがって、顎関節症を予防する目的で、健康な歯を削ったり、矯正治療をしたりする治療はおすすめできません。
矯正治療をして、かみ合わせを調整する必要がある場合もありますが、それは「あごの状態をよくしてから」ということが正しい治療につながるのです。
women_03-tb

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【どうして女性に多い?】

顎関節症は男女比でいうと1:3とも1:6ともいわれています。なかでも20~30代の女性に多いのです。
理由としては、女性は顎が小さい、筋肉が弱い、女性ホルモンが影響する、ストレスに弱い、痛みに対しての感受性が強いなどが考えられていますが、明確な論拠はありません。
20~30代の女性が働き盛りで、多くのストレスを抱えていることは確かでしょう。女性は心の問題がからだに現れる人も多いといわれています。
それが、顎関節症の男女比に表れているのかもしれません。
0934020003

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【治療期間はどのくらい?】

治療期間は、数カ月、数年かかるなど個人差があります。
先ずは痛みや開口障害などの症状を治してから、原因に対する治療をします。
歯科の治療が必要な場合もあれば、生活の改善を指導されるだけの場合もあります。
なかには病気が自然消滅してしまうような方もいます。
どれくらいで痛みがひくのか、完治するか不安なことも多いと思いますが、その都度歯科医と相談しながら気長に治していくといった心構えがいいようです。
そのためには初診時に適切な診断をしてもらうことが大切です。
治療計画により完治するかしないか、治療期間が長引くかどうか左右することもあります。
治療が長引いてしまうのは、心理的な面も大きいようです。
0934020004

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【認知行動療法とは?】

自分で顎関節症を自覚しその原因を遠ざけていく治療法です。
つまり、自己管理によって顎関節症の原因を取り除いていこうという治療法です。
仕事中に無意識のうちにかみしめていたり、上下の歯が触れていることがあると思いますが、そんなときは口の状態を意識して、ちょっと休憩して癖から脱却するのです。
認知行動療法の流れ

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【スプリント療法はどんな治療?】

口の中にマウスピースを装着して関節を保護する治療法です。
これにより、あごの筋肉の緊張を減らし、歯ぎしりや食いしばりなどの癖による外力からのあごの関節を守ることができます。
「肩を痛めた際、腕をつるのと同じです。夜間に筋肉がダメージを受けないための予防プロテクターです。スプリント療法自体で治すということではありません」
装着することによって顎関節症が治るわけではなく、あくまでも治療中のあごをいい状態にしておく役割だということなのです。
0904022001

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【顎関節症でも保存療法のみで経過観察する場合がある?】

症状により保存療法のみで経過観察して様子をみることもあります。
顎関節症の治療には痛みを取り除く対症療法と、原因そのものを取り除く原因療法があります。
一連の検査をして、顎関節症が軽度であると診断した場合には、原因を除去する生活を心がけてもらい、保存療法のみで経過観察する場合があります。あごに無理をせず、悪い癖を取り除き、ストレスをやわらげるだけで改善していく人もいるのです。
予防的に就寝時にはバイトプレートを装着することもあります。
積極的な治療をするのは、痛みと口が開きにくい場合です。炎症を抑えるために消炎鎮痛剤を投与します。痛みがとれたら、関節を少しずつ動かして口を開ける運動療法をします。よく動く関節は血液を呼び入れ、栄養の供給と老廃物の運搬をよくするので症状が改善します。
0934020002

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください