【歯科で顕微鏡が使われている?】

口の中は狭くて暗い空間のため、奥歯の虫歯や狭い根管を治療するのは大変なことです。
そこで昨今多くの歯科医師が注目しているのが、顕微鏡(マイクロスコープ)を使った虫歯・根管治療で、当院でも最先端の顕微鏡(マイクロスコープ)を導入しています。
顕微鏡を使うと治療個所が拡大されるため、奥歯や根管もしっかり確認しながら精密な治療を行うことが出来ます。さらに、削り残しの除去や削り過ぎ等の予防など様々な利点があります。この診療は自費診療となります。
microend_3

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯内療法や根管治療ってどんな治療?―その2-】

虫歯を放置しておくと、細菌が歯髄に感染し、放っておくと根の周囲に炎症が及び、根尖病変(歯の根の病気)をつくります。
歯内療法は、深い虫歯を治療し、歯髄の炎症に薬剤を置いて改善させる「覆髄」と、神経を抜いて細菌のいる根管をきれいにし根尖病変を治す「根管治療」という二つがあります。
また、歯がしみる象牙質知覚過敏症や、怪我などにより歯が抜けた時の治療や、歯の根の先端を切って治療する根尖切除術も、歯内療法に含まれます。
microend_2

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯内療法や根管治療ってどんな治療?―その1-】

虫歯治療を含む歯科治療は、保存修復、歯内療法、歯周病、補綴(ほてつ)、小児歯科、矯正、口腔外科などいくつかの専門分野に分かれています。
歯内療法は、このうち歯髄(歯の神経)や根管(歯髄が通る歯の根の管)を対象とする治療で、そのひとつに「根管治療」があります。
microend_1

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【神経を抜いた歯も虫歯になりやすい?】

歯髄(歯の神経)を抜く治療も歯と詰め物の境界にわずかなすき間が生じてしまうため、二次齲蝕をいう虫歯の再発が起こりやすくなります。
さらに、歯に神経がないため、むし歯が進行してもわかりにくく、発見が遅れてしまうという問題もあります。また、神経を抜くと歯がもろくなるので、これも注意が必要です。

set

「歯は生きている」と言ったら驚く方も多いかもしれませんが、歯は中心にある歯髄から栄養をもらって新しい象牙質を作っています。
固い歯を維持できるのは、この栄養供給があるからで、歯髄を取ってしまうと、栄養供給が途絶え、新しい象牙質ができなくなります。
歯髄をとったあとは、神経の代わりにゴムのように柔軟性のある根管充填材を入れ歯科用セメントで接着します。また、金属やセラミックでできたクラウンを上から被せて補強します。しかし、それでも完全に補強できるわけではなく、健康な歯とは比べものにならないほど弱くなってしまっています。こうした点からも、神経はなるべく抜かない方がいいのです。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【神経の治療をしたのにまだ歯が痛むのはなぜ?】

痛みが残りやすいのは、歯髄(歯の神経)をとる抜髄をした時です。
神経を取る時は、根尖部(歯の根の先端)で切断しますが。この先端に小さな傷ができるので、傷が治るまでは痛みが残ることがあります。
歯の構造10(110901010)
歯の神経をなるべく残すため保護する覆髄をしたときも神経の炎症が治まらず、痛くなることがあります。
したがって抜髄や覆髄で痛みが残ることが想定される場合、痛み止めを処方します。

また、治療から数日たっても痛みが続くような場合は、何らかの原因で痛みが続いている可能性があります。そういう場合は再治療になる場合がありますので、担当医に相談しましょう。
抜髄や覆髄の治療はむずかしく、成功率は70-90%程度といわれています。
つまり治療しても痛みが残る可能性は少なからずあるのです。
やはり、ここまでむし歯が大きくなる前に治療し、むし歯が進行しないように口腔ケアをしっかりすることが大切です。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【むし歯の治療はその進行度や場所で変わります-その3-】

3.神経に及んだむし歯(C3)
むし歯が進行して神経に感染し、強い痛みが続いたら、歯髄(歯の神経)を取る抜髄をします。治療はまず、局所麻酔をしたあと、むし歯になったエナメル質や象牙質を削り、歯髄を露出させます。次にリーマーやファイルと呼ばれる細い器具で、神経を引き抜きます。その後、神経の通っていた根管を広げて抜髄と根管の拡大が終わったら、二次感染を防ぐために消毒。根管の空洞をゴム状の根管充填剤ですき間なく詰めます。経過がよければ土台をつくり被せものをしていきます。
歯と歯肉15(110500015)
4.神経が死に歯根まで感染したむし歯
神経が死ぬと、根管で細菌が増殖します。その場合は抜髄を十分にしたあと、根管を徹底的に消毒します。これが不十分だと細菌が増え、腫れや痛みを生じます。

5.歯根しか残っていないむし歯(C4)
この状態を残根といいます。
出来る限り虫歯を除去し根の治療を行いますが、残る根の長さが短かすぎる場合、抜歯となります。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【むし歯の治療はその進行度や場所で変わります-その2-】

むし歯の治療方針を2回に分けてお伝えします。

1.初期のむし歯(C1)
歯垢やバイオフィルムを除去し仕上げにフッ素を塗ります 

2.中期のむし歯(C2)
むし歯に侵されたエナメル質と象牙質を削ります。
検知液でむし歯が取れていることを確かめたら、コンポジットレジン(歯科用プラスチック樹脂)を詰めます。光を当て硬化したら削って研磨します。
むし歯が大きく、レジンだけでは不十分なときは、インレーを使います。
この場合は歯型を取り、型に合ったインレーをつくり次回来院時に口の中に装着します。
inlay_silver

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【むし歯の治療はその進行度や場所で変わります】

むし歯は進行度によりC1-4まであります。
虫歯の進行
初期のむし歯(C1):エナメル質に限局したむし歯。痛みはなく、歯に付着したバイオフィルムをとるだけで、削りません。後は歯磨きなどをしっかりすることで進行は止まります。奥歯の溝や歯ブラシが届きにくい場所では、削ることがあります。

中期のむし歯(C2):象牙質にむし歯が達した段階で、冷たいものがしみたりします。

神経に及んだむし歯(C3):象牙質を突き抜けて歯髄(歯の神経)にまでむし歯が進んだ段階。何もしなくてもズキズキと歯が痛むようになります。

歯根しか残っていないむし歯(C4):歯根(歯の根の部分)にまでむし歯が進んだ段階。歯根の尖端に膿が貯まることがあります。これを根尖病変をいい、歯茎が腫れて激しい痛みが襲ってきます。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください