【歯並びが悪いとむし歯になりますか?】

歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくい箇所ができてしまいます。無意識に同じ部分ばかり磨いてしまうことが多く、歯並びが悪い箇所が磨き残しとなってしまい、むし歯になってしまう可能性が高まってしまいます。

歯並びが悪いと感じている人は、どこが磨き残してしまうのかを確認し、自分にあった歯磨きの仕方を教えてもらうといいでしょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシも併用してください。また、歯科医院での定期的なクリーニングも行うとより効果的にむし歯を予防できるでしょう。

また、歯を矯正することによって歯磨きがしっかりとできるようになり、結果むし歯を予防できるという可能性もあります。歯並びによってむし歯になりやすいと感じている人は、歯科医院で矯正も含め相談してみると良いでしょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【むし歯の治療回数を教えてください】

むし歯の治療回数は最初の診断で進行状況や位置が確認され大体の治療回数が分かります。

初期のむし歯は削らず様子を見ます。その後、もしむし歯が少し進行してしまっても小さく削って詰め物をする治療であれば1回で終了します。

むし歯が少々進行してしまい削ってから被せ物をする場合は、型を取る必要があるため少なくとも2回は通う必要があります。

さらに進行していたり、神経を取る治療など複雑な治療が必要な場合はそれに応じて回数は増えることになります。
むし歯が進行すると治療回数も増え、治療費もその分かかってしまいます。日頃の歯のセルフケアは非常に大切であり、定期的に歯科医院でのクリーニング、検診に行くようにしましょう。

 

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【むし歯によって歯が痛むのはなぜ?】

歯は大きく分けると「エナメル質」「象牙質」「歯髄」の3層からできています。エナメル質は硬い組織のため歯を保護してますが、内側の象牙質と歯髄は完全には分かれていなく、象牙質は神経とつながっている管があるため、むし歯で痛みが生じたりしみる原因は、むし歯菌などによる歯の神経の刺激によるものです。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯ブラシの適切な交換時期は?】

歯ブラシは1ヶ月ごとに交換することが理想的と言われていますが、少なくとも2~3ヶ月で替えましょう。

歯垢は歯ブラシの毛先を歯面や歯ぐきの間に当ててこすり落とすため、毛先が開いた歯ブラシでは磨く必要のある場所に当たらず歯垢の除去能力は非常に低くなっています。

歯ブラシの毛先が広がってしまっている場合は歯磨きをする際力を入れすぎてしまっているので、優しく磨きましょう。

 

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【むし歯や歯周病は歯磨きで防げますか?】

むし歯や歯周病はむし歯菌や歯周病などの細菌が原因です。その細菌の塊が歯垢(プラーク)と呼ばれています。歯磨きでしっかりと歯垢を落とすことは、むし歯と歯周病を予防することに大変効果的といえますが、人によって磨き残しがある場合も多く、歯と歯の間の歯垢はデンタルフロスなどの歯間清掃用具を使って綺麗にする必要があります。

よって、むし歯や歯周病を防ぐポイントは

1.歯磨き

2.歯間清掃用具の使用

3.生活習慣の見直し

4.歯科医院での定期的なチェックとクリーニング

と言えるでしょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【きちんと噛めないと寝たきりになりやすい?②】

入れ歯の状態と認知症や身体機能の相関関係を調査した結果、入れ歯の状態がいい人は、認知症と寝たきりが少ないということがわかり、噛むことによる刺激が脳や身体機能の神経活動に刺激を与えるという結論を導き出しました。
高齢化社会が進む現代において、噛めるということは生活を楽しく、元気で快適な老後生活をおくるために欠かせない条件なのです。
その他16(110108016)

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【きちんと噛めないと寝たきりになりやすい?①】

きちんと噛めないから寝たきりになるのか、寝たきりだからきちんと噛めないのか、判断は難しいところです。
ただし、噛めると元気になり、QOL(生活の質)が向上するのは確かなようです。
噛むことは、脳内の血流を良くするといわれ、自分の歯で物を食べる大切さは、多くの歯科医師が臨床経験として理解しています。
1667093605

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【入れ歯と感染症②】

もちろん、感染の心配がないからといって、不潔な入れ歯のままでいいのかというと、そうではありません。
日常生活において口臭の原因となることや、汚れが付着して変色しまうことなどの他、入れ歯に隣接する残っている歯に汚れが移り、歯周病やむし歯の原因になりかねません。
改めて入れ歯は毎日しっかり洗浄するようにしましょう。
di060104

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【入れ歯と感染症①】

入れ歯は日頃の手入れが重要とお伝えしましたが、汚れた入れ歯を長期間使用していたからといって、それが原因で健康な人が感染症になることはほとんどありません。
感染症になるとしたら、よほど入れ歯の手入れが悪い場合でしょう。

ただし、寝たきりの高齢者などの場合は、口腔ケアを怠ってしまうと、入れ歯が原因で口内炎(義歯性口内炎)になったり、細菌が肺に流れ込んで、誤嚥性肺炎や胃潰瘍といった病気を引き起こしたりすることがあります。
特に誤嚥性肺炎は命に係わる危険もあるので注意が必要です。
1667093703

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【入れ歯を入れたその後は?】

そもそも一発で勝負でピタリと合う入れ歯はなかなかありません。
面倒に思えるかもしれませんが、何度もやり直しがきくというのは入れ歯の利点でもあり、作り直しによって歯や体を痛めることがほとんどありません。
入れ歯を入れたら、定期的に口の中を診てもらいましょう。
常にチェックされていることは、残った健康な歯を守ることにもつながるのです。
0536020001

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください