【歯科で顕微鏡が使われている?】

口の中は狭くて暗い空間のため、奥歯の虫歯や狭い根管を治療するのは大変なことです。
そこで昨今多くの歯科医師が注目しているのが、顕微鏡(マイクロスコープ)を使った虫歯・根管治療で、当院でも最先端の顕微鏡(マイクロスコープ)を導入しています。
顕微鏡を使うと治療個所が拡大されるため、奥歯や根管もしっかり確認しながら精密な治療を行うことが出来ます。さらに、削り残しの除去や削り過ぎ等の予防など様々な利点があります。この診療は自費診療となります。
microend_3

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯内療法や根管治療ってどんな治療?―その2-】

虫歯を放置しておくと、細菌が歯髄に感染し、放っておくと根の周囲に炎症が及び、根尖病変(歯の根の病気)をつくります。
歯内療法は、深い虫歯を治療し、歯髄の炎症に薬剤を置いて改善させる「覆髄」と、神経を抜いて細菌のいる根管をきれいにし根尖病変を治す「根管治療」という二つがあります。
また、歯がしみる象牙質知覚過敏症や、怪我などにより歯が抜けた時の治療や、歯の根の先端を切って治療する根尖切除術も、歯内療法に含まれます。
microend_2

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯内療法や根管治療ってどんな治療?―その1-】

虫歯治療を含む歯科治療は、保存修復、歯内療法、歯周病、補綴(ほてつ)、小児歯科、矯正、口腔外科などいくつかの専門分野に分かれています。
歯内療法は、このうち歯髄(歯の神経)や根管(歯髄が通る歯の根の管)を対象とする治療で、そのひとつに「根管治療」があります。
microend_1

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください