【差し歯や入れ歯に寿命はありますか?】

まず「差し歯・入れ歯は一生ものではない」ことを認識してください。これは、素材による耐久性だけでなく、使用する人自身のあごや口の中の状態が変化することにより少しずつ合わなくなっていく場合があるからです。

細かい故障や不具合を感じた場合はその度補修を行い、日常的な手入れを怠らず丁寧に扱うことで少しでも長く寿命を延ばすことができるようになります。
0536020002

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【入れ歯にはどのような種類がありますか?】

入れ歯とは、取り外しの出来る「義歯」の総称です。入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。

総入れ歯は大きく分けて「金属床義歯」と「レジン床義歯」があり、前者は自由診療(一部保険負担あり)で、後者は保険適用の義歯です。特徴は、「金属床義歯」は、厚さが0.7mmほどと薄いので、食べ物の温度が伝わりやすく、食事の際違和感が少ないようですが、「レジン床義歯」は厚さが3mmほどなので温度が伝わりにくく、壊れやすいのが欠点です。

部分入れ歯は、抜けた部位や本数によって様々な形態がありますが、残っている歯にバネをかけて収まるように配置させる義歯です。
2-1-01

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【差し歯にはどのような種類がありますか?】

差し歯とは、取り外しができない固定タイプの人工歯のことで、広く「ブリッジ」「クラウン(被せ物)」「インプラント」も含まれます。

差し歯には、材質により、保険適用と保険外(自由診療)になるものがあります。
歯と同じ色の材質として一般的な硬質レジン(プラスチック)は、上下とも前歯6本分(切歯、犬歯)までは保険適用となります。
セラミックやハイブリッド型セラミック(プラスチックとセラミックの中間的性質のもの)などは自由診療となります。
00602_01bridge-chiryo-image

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【失った歯を補う方法には何があるの?】

虫歯と歯周病が永久歯の抜ける原因の9割と言われています。
年齢とともに歯や歯ぐきが衰え、歯が抜けていくのはやむを得ないことでもあります。

失った歯を補う方法として、差し歯(ブリッジ・クラウン・インプラント)と入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)があります。しっかり固定する差し歯に対し、着脱自由なものが入れ歯です。

歯が抜けてしまったら、残っている他の歯を守り、健康な生活をおくるためにも、出来るだけ早く新しい歯入れることをお勧めします。
0536020001

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください