【口臭が気になる】

歯周病の原因菌が出す揮発性物質の中に硫化水素ガスが含まれており、これが悪臭のもととなります。歯垢がたまってくると口臭もきつくなり、さらに歯ぐきの炎症が進んでうみが出るようになると一層ひどくなります。
これらの口臭は歯周病の治療をすることで改善されます。

口臭=歯周病というわけではなく、原因は他にも考えられます。
たとえば唾液の分泌が減少し、口の中の細菌が増え口臭がきつくなることがあります。
また舌の表面につく「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる白っぽいコケのような汚れも臭いの元となります。胃などの内臓疾患が原因で口臭が出ることもあります。
men_01

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯ぐきが黒ずんでいる】

一般的に歯ぐきはきれいなピンク色をしています
しかし、歯ぐきが黒ずんでいるからと言って、不健康というわけではなく、いくつかの原因が考えられます。

1.歯ぐきの血行が悪い
2.皮膚と同様メラニン色素の沈着
3.歯周病
4.喫煙

特に喫煙者の場合、ニコチンによって歯ぐきの血行が悪くなり、黒くなることがあります。

また、家族に喫煙者がいる家庭の子供は、いない家庭の子供より歯ぐきの黒住が多く見られたという報告もあるのです。
0904050001

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯ぐきが腫れている】

歯ぐきが腫れている場合、まず疑うのが歯周病ですが、これ以外に比較的多く見られるのが、むし歯が原因で起こる「根尖膿瘍(こんせんのうよう)」という病気。
むし歯の進行により、歯の根の先端部分(根尖)に感染を起こし、膿瘍(うみがたまった袋)ができて、腫れを引き起こします。

神経が死んでしまった歯や神経を抜いた歯に出来やすいですが、特に歯の根の部分の歯ぐきが腫れている場合は、この病気を疑います。いずれにしろ歯ぐきが腫れたら、歯科を受診し、適切な処置を受けることが大切です。
women_04

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯ぐきからの出血】

果物をかじったり歯磨きをしたときに出血するのは、歯肉に炎症が起こっている歯肉炎の典型的な症状です。

軽く出血する程度ならば、まだ初期の段階です。この段階の治療の基本は歯磨きです。

毎日丁寧に歯磨きをすれば、炎症を起こして赤く腫れた歯ぐきも次第に引き締まって、健康な状態に戻ることが多いのです。
women_01

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください