【“見えない”矯正】

最近“見えない”矯正として広まっているのが、「クリアアライナー」や「インビザライン」などの透明で薄いマウスピース型の矯正装置です。外から矯正治療をしていることが全く分かりません。

この装置ならばワイヤーを使わずに人知れず歯並びを治すことが可能です。
どちらも歯の動きに合わせ3~4週間ごとに交換します。

また、歯の裏側に矯正装置をつける「裏側(舌側)矯正」方法もあります。
ただし、この方法は舌に装置があたり、発音や食べることにしばらく違和感があります。

見えない矯正

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【矯正装置の種類-ブラケット】

一般的な矯正装置である「ブラケット」は、一本一本の歯の表面に歯科用接着剤で直接張りつけるものです。
そこにワイヤや結さつ線、口腔内ゴムを組み合わせます。

目立ちやすいが丈夫で低価格な「メタルブラケット」、目立ちにくい「プラスチック/セラミックブラケット」、治療期間が比較的短い「デーモンブラケット」などさまざまな種類があります。

最近では矯正装置をつけていることを楽しみたいという人向けに、カラフルなものや星やハートといった形のブラッケットも登場しています。

カラーブラケット

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください