【なぜ矯正治療で歯が動くの?】

歯を動かすためには、歯の表面にブラケットを張りつけその溝にワイヤを通し、いずれかの歯(大体奥歯)を固定源として、動かしたい歯に力を加えて移動させます。
なぜ、力を加えると歯は動くのでしょうか?

具体的には、歯肉の中には「歯槽骨(しそうこつ)」という骨があり歯を支えています。この骨と歯根の間には「歯根膜(しこんまく)」という組織があり歯にかかる衝撃を和らげるクッションの役割を担っているのです。
矯正により歯に力が加わった側の歯根膜が圧迫を受け収縮し、「破骨(はこつ)細胞」によって食べられます。一方引っぱられた側の歯根膜には「骨芽(こつが)細胞」が作られ、新しい骨が作られます。

歯の移動する仕組みの図解

これは単に、歯根が歯肉の「歯槽骨(しそうこつ)」の中を移動しているのはなく、歯の周りの骨が吸収されつくられるという「代謝」を繰り返すことで移動していくのです。

歯が動くスピードは大体一ヶ月に0.8ミリ程度といわれています。歯に強い力をかけても代謝のスピードが上げるわけではないので、理想的な歯の移動には2~3年の期間が必要なのです。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください