【子どものときから矯正した方がいいの?】

子どもの歯科矯正治療は、歯の状況によって二つの時期に分かれます。
こどもの矯正

乳歯と永久歯が交じっている12歳頃までが「第1期治療」。顎の成長を利用した治療が中心です。一部の永久歯にブラケットをつけることもあります。
全ての歯が永久歯に生えかわると「第2期治療」に。ブラケットなどで歯を移動させ、最終的なかみ合わせを完成させます。
第1期から治療を始めると顎の成長を利用できる反面、時間がかかります。しかし、かみ合わせや歯並びの悪さは顎の骨格に問題があることが少なくないため、特に受け口や出っ歯の場合は、成長発育を利用した治療が有効です。気になることがあれば7~8歳頃に一度矯正歯科で診てもらいましょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【矯正で「受け口」は治る?】

受け口は「下顎前突(かがくぜんとつ)」や「反対咬合」といって、下の歯が上の歯より前に出ているかみ合わせのことです。

下顎突出の写真

受け口の原因は親からの遺伝によるものと、後天的な要因-食べ物を下あごを前に出してかむ癖や、前歯の一部の噛みあわせが逆になっているなどがあります。
子どもの場合は、骨格的な原因の場合は上あごを成長に合わせて骨が前方へ大きく成長するように力を加えたり、一部の前歯(反対になっている歯)にブラケット(矯正の装置)をつけたり、夜間を中心に使用する取り外しのできるマウスピースを使用して治療します。成人の場合や下あごが大きく突き出している際には、下あごの一部を切断し、後ろに下げる外科手術との組み合わせが成長の終了後に必要になる場合もあります。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【矯正で「出っ歯」は治る?】

出っ歯は「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といい、日本人は骨格の大きさから、欧米人よりもなりやすいといわれています。

上顎前突の例

上の前歯や上あごそのものが前に出て、下あごが後退しているかみ合わせのことです。
[1]歯だけが前に出ている場合と、
[2]顎の骨そのものに問題がある場合があります。

[1]の場合、矯正装置をつけて歯を動かし治療していきます。
[2]の場合、成長期の子どもなら、矯正装置で上あごの骨が過剰に発育するのを抑え、取り外しができるマウスピースを使用し、下あごの成長を促して調整していきます。成人の場合は外科手術との併用が必要なこともあります。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください