【歯周病は胎児にも影響すると聞きました】

歯周病を持つ妊婦さんは確かにリスクはあるという報告が多いですが、妊娠中でも治療することは可能です。

正常体重児を出産した母親に比べて、低体重児を出産した母親の方が歯周病が進行していたという報告が多く、最近は歯周病と低出生体重児や早産との関連も指摘されております。
原因は歯周病で炎症が起こった時に増える炎症物質の1つであるプロスタグランジンの関与が疑われております。
これは正常な出産の時にも分泌されて、子宮筋を収縮させて出産を促しているので、陣痛促進剤としても使われております。
このプロスタグラジンが歯周病で増えることによって血液中のこのプロスタグラジンも多くなり、胎盤を通過して胎児の成長に影響を及ぼしたり子宮筋を収縮させて出産を早めてしまうのではないかと言われております。

ただ、妊娠中であっても歯周病の治療は可能です。米国の報告では、妊娠中に非外科的な歯周病の治療を受けても早産のリスクは高まらないとされています。
なので、妊娠中の場合は4~7ヶ月の安定期に歯周病の治療を受けると良いでしょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【薬用の歯磨きや洗口剤は歯周病に効きますか?】

効果はあっても穏やかなので、補助的に使うと考えましょう。

「歯周病予防」を謳っている歯磨き剤は、歯垢を分解する酵素や歯周病の原因菌の増殖を防ぐ成分が入っていることが多いです。しかし「一般的にそうした歯磨き剤は有効な成分が入っていても、効果が穏やかな医薬部外品なので薬物の効果はあまり期待できない」と東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯周病学の和泉雄一教授は語ります。

一方で洗口剤は殺菌効果や口臭予防効果が期待出来ます。ただし使い過ぎると口の中が乾燥して口臭がすることがあります。

歯を磨いているのに歯周病が進む人は歯磨き剤に頼りすぎていることが多いかもしれません。歯ブラシだけで丁寧に磨いて、最後に歯磨き剤を少し使って丁寧に磨くのがブラッシングの基本だと覚えておきましょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【塩入りの歯磨き粉って歯周病に良いのですか?】

若干の殺菌効果や唾液分泌の効果はありますが、大きな期待をするのは禁物です。

ご高齢の方にお話を伺うと「昔は歯磨き粉が無いときは塩で歯を磨いた」と言います。
現在でも塩の入った歯磨き粉はインターネットの口コミや掲示板で見ても歯周病対策として使っている体験談や、塩入り歯磨き粉の使用を薦める書き込みが多くみられます。
実際、塩には若干の殺菌効果や唾液の分泌効果があると言われております。水分を吸収するため、歯肉が引き締まっているように感じられます。しかし、塩自体に歯肉の血液循環を良くしたり、歯周病を改善する作用は無いと言われております。よって粗塩で磨くと、かえって歯ぐきを傷つけてしまう原因になってしまいますので、大きな期待はしない方が良いでしょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯がぐらぐらして心配です!歯ぐきも下がってきてしまった!】

ぐらつく原因は様々ですが、歯周病であれば重傷です。

歯がぐらぐらする原因は
・虫歯になったために神経が死んでしまった
・歯のかぶせ物が取れかかっている
・歯周病によって歯がぐらついている
・かみ合わせが悪くなってぐらぐらしている

などが挙げられます。まずは歯医者さんに行って診てもらうことが必要です。
もし歯周病が原因だとすれば、かなり進行した状態だと言わざるを得ません。歯がぐらついているのは歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が既に溶け出している証拠です。歯がぐらついているほかに歯ぐきが下がってしまったら骨まで症状が進行している可能性もあり得ます。骨が溶けてしまうと歯を支える土台が下がって、それにより歯ぐきも下がってくるのです。

このまま放置すると骨はどんどん溶けてしまい、歯の根元(歯根)も露出してしまいます。そうなると歯のぐらつきはますますひどくなりかみ合わせも悪くなり、硬い食べ物が食べられなくなります。
ここまで進行すると元の状態に戻すことが出来ず、歯を抜かざるを得なくなってしまいます。

歯がぐらぐらしたり、歯ぐきが下がってきたからと言って必ずしも歯周病とは限らないので、自己診断をせずに歯医者さんに診てもらってはいかがでしょうか。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【口の中が臭い!歯周病が原因ですか?】

歯周病も原因の1つですが、内臓疾患の可能性もあります。
確かに歯周病は口臭の原因です。歯周病の原因菌が出す揮発性物質の中には硫化水素ガスが含まれており、それが悪臭の原因となります。歯垢(しこう)が溜まると口の臭いがきつくなってきますし、歯ぐきの炎症が進んで膿が出るとさらに口臭はひどくなってしまいます。この場合の口臭は歯周病の治療をすることで改善出来ます。

ただし、口臭=歯周病とは限りません。原因は様々で、例えば唾液の分泌が減ることです。唾液には殺菌作用や清浄作用があるので、唾液の分泌が減ると口の中の細菌が増えてしまい臭いがきつくなってしまいます。なので空腹時や起床時に口臭がするのは唾液が少なくなっているためです。

口臭で問題なのは、実際には臭わないのに本人だけが「臭い」と思い込んでしまいます。これは精神的な要因が考えられ、場合によっては精神科の治療が必要になってくる場合もあります。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【食べ物が詰まると歯周病になりやすいのですか?】

食べ物が垂直的に挟まる場合には特に注意が必要です。歯間ブラシを使ってください。

歯と歯の隙間が空いていると食べ物が詰まりやすくなってしまい、歯周病の原因となります。ただし食べ物の詰まり方によって歯周病になりやすいかどうかは左右されます。
特に同じところに食べ物が挟まるのは要注意です。毎回その部分に力が加わって歯と歯の間が広がってしまうからです。隙間が広くなれば歯垢(プラーク)や歯石が付きやすくなるし、特定の歯に毎度力が加わると、その部分の歯周組織が圧迫されて血流が悪くなってしまい、さらに歯周病が進行してしまいます。

歯周病は歯と歯の間から始まりますので、食べ物が歯と歯の間に詰まりやすいという人は歯間ブラシやデンタルフロスを使って丁寧にケアしましょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯ぐきが黒くて心配です】

歯周病やタバコのほかにも血行不良やメラニン色素の沈着が原因であることもあります

一般的に健康な歯ぐきは綺麗なピンク色になっております。歯ぐきが黒ずんでいると不健康に見えてしまい、気になる方も多いでしょう。
しかし、歯ぐきが黒いからと言って必ずしも不健康とは限りません。歯ぐきの血行が悪くて黒ずんで見えることもありますし、皮膚と同様にメラニン色素が沈着して黒くなることもあります。そのほかにも歯ぐきが黒ずむ原因として分かっているのは歯周病とタバコです。歯ぐきに炎症があると赤黒くなってしまいます。喫煙者の場合はニコチンによって歯ぐきの血行が悪くなることにより黒くなってしまいます。

ご家族に喫煙者が居るご家庭のお子様は、喫煙者が居ないご家庭のお子様と比べて歯ぐきの黒ずみが多く見られる報告もありますので、タバコを吸うことによって歯ぐきが黒ずんでしまうのは本人の問題だけではありませんので気を付けましょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯周病になりやすい食べ物は何ですか?】

歯にべたつくやわらかい食べ物は歯周病の大敵です。

子どもが虫歯にならないために甘いお菓子を食べさせない保護者が居ると聞きます。しかし歯周病になりやすい食べ物かどうかを気にしている人はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯周病学教授の和泉雄一歯科医師は「歯周病になりやすいのは、歯にべたべたつくようなやわらかい食べ物です」と話します。虫歯と同様に糖分や甘い食べ物はバイオフィルムの形成に関わっております。逆に歯周病になりにくい食べ物は食物繊維が多い野菜類です。

昨今は子どもから大人まで柔らかい食べ物が好まれる世の中です。そうした食事が歯周病にとって大敵なのです。
ケーキのような甘い食べ物を食べた後は早めに歯を磨きましょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【リンゴをかじると歯ぐきから血が出る】

歯肉炎の疑いがありますが、適切な歯磨きで改善が出来ます。

テレビのコマーシャルで「歯ぐきから血が出る」というフレーズを耳にしませんか?このコマーシャルのように「リンゴをかじると歯ぐきから血が出る」というのは歯肉に炎症が起きていることを表す歯肉炎の典型的な症状です。

歯を磨いたときに出血するのも同様ですが、軽く出血する程度であればまだ初期の段階です。初期の段階では基本的に毎日歯を磨いていれば炎症を起こして赤く腫れた歯ぐきも徐々に引き締まり健康な状態に戻ることが多いです。
しかし間違った方法で歯を磨いても逆効果で、むしろ歯ぐきを痛めてしまいます。
正しい歯の磨き方は専門家から1度指導を受けてみると良いでしょう。

さて一言で「歯周病」と申し上げても、様々な段階と症状がございます。下記の画像をご覧ください。症状によって歯周病の進行具合が推測出来ますので、是非参考にしてください。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【年齢を重ねると歯周病になりやすいのですか?】

加齢は危険因子の1つで歯磨きなどで予防が出来ます。

「平成17年歯科疾患実態調査」によると、加齢につれて歯肉に症状がある人が増える傾向にあります。

年齢別の有病者率のトップは45~54歳の約88%、働き盛りの30~69歳は80%以上が歯肉に何らかの症状があると報告されております。
この調査でも分かりますように、歯周病は年齢を重ねると共に増加する傾向にあり、年齢と共に歯周病になりやすくなることは確かだそうです。

進行は非常にゆっくりなので歯磨きできちんとケアをすれば予防が出来ます。

しかし、若くして歯周病に罹ることもあります。その場合は、特殊な細菌に感染していたり遺伝や体質が原因であると考えられます。
例として、18~20歳で発症することが多い「侵襲性歯周病」は急速に歯周組織が破壊されてしまう歯周病の1つですが、同じ症状の人が家庭内に居ることが多いとされております。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください