【歯周病でどんな場合に手術が必要になりますか?】②

前回述べたフラップ手術(歯肉剥離掻爬術)の他にも腫れが引かない歯肉を除去する方法や、歯周ポケット自体を切除する方法、プラークコントロールが適切に出来るように歯肉や粘膜の形を変える方法などがあります。しかしこれらの手術では1度破壊されてしまった歯周組織は元に戻すことは出来ません。
そこで最近注目されているのが、専用の人工膜(GTR膜)や「エムドゲイン」というたんぱく質を使って失われた歯周組織を再生する「歯周組織再生療法」です。GTR法は保険が適用されるようになりました。手術後に健康な歯周組織が再生されるまでには1年から1年半ほど掛かってしまいます。

このように、歯周病の手術は進化を遂げております。「手術」と言われると「怖い」と思う人も居るかと思いますが、非外科的治療で改善しなければ、今や必要不可欠な治療となっています。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください