【健康な歯を削って歯を白くして大丈夫なんですか?】

ラミネートべニアにしてもジャケットクラウンにしても、まずは歯や骨の状態を確認してから、歯を削れるかどうかを診断します。
その診断をしていればしっかりしていれば問題は少ないと言えるでしょう。

ラミネートべニアの場合は削る量を少なくして、歯の損傷が最小限になるようにしています。
一方でジャケットクラウンではかなりの量を削りますが、その分大きさや形を自由に調整をすることが出来るので、根っこしかない歯の上に造形をすることが可能です。

健康な歯は削らないに越したことはありませんが、色や形にコンプレックスを持たれて精神的に苦痛な思いをされるのであれば、これらを踏まえたうえで、自分が「歯を削らない」ことか「美しさ」のどちらを重視するのかを考えてみてください。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す