【寝たきりの人でも入れ歯・差し歯の治療は出来ますか?】

歯科医師や歯科衛生士に介護施設や自宅を訪問してもらって、入れ歯・差し歯を作ってもらったり修理をすることは可能です。

寝たきりのお年寄りの中には長い間入れ歯すら入っていない方が多く、あごの骨が痩せてしまい歯型を取ることが難しくなってしまいます。
なお、介護する人の手助けがないと入れ歯の取り外しが出来ない場合には、あまりきつくせず、形も複雑にならないように考えて作られ、歯型を取る場合には歯科技工士が同行することもあります。

噛むことが出来るということは、脳への血流を良くし、脳の働きを活発化させることに繋がり、食べ物を食べることが出来る喜びを取り戻せば、寝たきりが解消されることもあります。

こちらは健康保険が使えますし、生活保護を受給している人や障害を持っている人など、各種助成を受けている人も治療が受けられます。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す