【入れ歯だと美味しく食事が出来ません】

入れ歯は人工物なので慣れるまでの間は、異物感が強く味覚にまで影響を及ぼすこともあります。
味覚を感じるのは舌ですが、あごの粘膜で食べ物を味わう時の触感や温度を感じています。

しかし、最初は美味しくないと思っていても、だんだん慣れてくるものなので「入れ歯は嫌だ!」と思わずに前向きな気持ちで使ってみましょう。
それでも気になる場合には、どのように美味しくないのかをきちんと症状を説明して歯医者さんの意見を聞きましょう。

一般的に保険が適用されるレジン床義歯よりも、自由診療の金属床義歯の方が薄くて強いため覆う粘膜が小さくでき、食事が美味しく感じられると言われています。義歯床がシリコンで出来た入れ歯や金属のバネのある入れ歯、床に目に見えない細かい穴が開いた入れ歯もありますので、歯科医師に相談してみましょう。

コメントを残す