【入れ歯安定剤は体に害は無いのですか?】

どの入れ歯安定剤も厚生労働省の生物学的ガイドラインにのっとって、口の中で使用しても問題ない安全性を確保しているので、入れ歯安定剤の成分から体に悪影響を及ぼす事はありません。

問題なのは、使ったことによって起こるかみ合わせの変化です。
特に入れ歯とあごの粘膜とのクッション的な効果を目的とするタイプは、あごの骨が痩せてしまい、噛み合せのトラブルを起こしやすいと言われています。

この指摘に対して科学的根拠は無いという意見もありますが、使用を積極的に薦める歯科医師は居ません。
入れ歯安定剤は入れ歯が合わないという理由で使うものではなく、新しく入れ歯を作ってもらったり調整したにも関わらず、まだ不安定な状態が続く時に使用する物です。
また入れ歯安定剤は汚れが付きやすく、汚れを放置していると口の中の粘膜の病気になる可能性が指摘されています。

行事に参加するために入れ歯を安定させたいなど、QOL(生活の質)を高めるために使いたい場合もあります。
もちろん使ってはいけないという訳ではありませんが、もし入れ歯安定剤を使いたい場合には使う前に歯医者さんに相談しましょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す