【口臭のガスの濃度はどうやって測定するんですか?】

一般の歯科医院には簡易口臭測定器が普及されています。
簡易型ガスクロマトグラフィーの「オーラルクロマ」は、VSCを3種類のガスに分けて測定出来る優れモノです。
「ガスクロマトグラフィー」という精度の高い測定器もありますが、かなり大きな装置なので一部の大学病院にしか置いてありません。

硫化水素が多い舌苔、メチルメルカプタンならば歯周病、ジメチルサルファイドであれば全身性の疾患の可能性があります。
検査方法は30秒間注射器の筒をくわえてもらい、中に入った内の0.5mlを機械の針に刺して注入すれば、あとは機械が全てやってくれます。約8分待てば結果が印刷されます。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す