【歯が胃酸で溶けるって本当なんですか?】

歯は酸で溶けてしまいます。むし歯になる原理と同じです。

口内の細菌が糖を分解していく過程で酸をつくり出してしまい、それによって歯が溶かされてしまうのがむし歯の原理です。胃酸というくらいですからもちろん酸のひとつです。胃酸はとりわけ酸性度が強いので歯は溶けやすいと言えるでしょう。

例えば歯をうっかり飲み込んでしまっても、誤って気管にさえ入らなければ問題ないのですが、歯がすべて溶けてしまうほど胃の中に長くとどまることはありません。しばらくすると(約1~3日程度で)便として体外に排出されてしまいます。

歯といっても治療で詰めた金属や合成樹脂が取れてそれを誤って飲み込んでしまった場合は胃酸で溶けてしまう可能性はありません。数日たてば歯と同様に便で排出されるので特に心配する必要はないですが、不安な場合は内科医に相談するのが適切です。

歯は胃酸によって溶けやすいので、過食症などで嘔吐を繰り返してしまうような人や、逆流性食道炎などの患者さんは注意が必要になります。本人が気が付かないうちに歯の表面から溶けて薄くなってしまい歯の強度が低下している恐れがあります。

 

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す