【「口腔ケア」とは具体的に何をするのですか?】

近年、よく歯ブラシ・歯みがき粉のコマーシャルや健康番組などで「口腔ケア」という言葉を耳にすることも多くなってきていると思います。具体的に口腔ケアとはどのようなものか皆さんはご存知でしょうか?

口腔ケアとはお口の清掃を主とするケアで、うがいや歯みがき、舌や入れ歯の清掃などのことを「口腔ケア」と呼んでいます。

また最近では「話す」「食べる」といったお口の周りの機能を回復させるリハビリをも意味するようになりました。

つまり口腔ケアとはお口の衛生と機能回復によって、自身の健康の保持増進を目的とする技術であるということができます。

口腔ケアの重要性は歯科医師だけでなく他の診療科の医師も注目していています。現在全国で「口腔ケアや歯科治療をガン治療や全身麻酔下で行われる治療の一環として取り入れる」ことを目的とした医師と歯科医師との連携が始まっています。

この事業の目的は、患者さんが安心して治療を受けられる体制を作っていくことにあります。

これからは医師の方から「歯医者さんに行って、お口の中をよく診てもらって下さい」と促されることも増えてくるでしょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す