【災害時の口腔ケアの重要性】

最近、台風による停電や地震など災害が立て続けでおきていますね。

災害時のため食料や飲料を備蓄し避難生活に備えている方も多いと思いますが、今回はその中でお口のケアの大切さについて考えてみましょう。

災害などの緊急時に水が不足した場合1~2日なら歯を磨かなくても大丈夫だろう、と考える方も少なくないでしょう。

しかしそのような状況で歯みがきが不十分だと口の中に細菌が繁殖し、身体の健康にさまざまな影響を及ぼす可能性があります。

先の阪神淡路大震災や東日本大震災の際には被災後の不規則な生活による栄養状態の悪化や、お口の中の衛生状態が低下したことなどが重なり、肺炎やインフルエンザ・カゼなどの呼吸器感染症を起こした被災者が多くいたという報告もあります。

万が一外出先で被災し手元に歯ブラシがない時は、ハンカチやティッシュで歯の汚れをとるだけでも随分と違ってきます。

 またご自宅で用意している防災セットの中には家族分の歯ブラシ、水が少ない時に使えるマウスウォッシュや歯みがきシートなども入れておき、いつ起こるか分からない災害時に備えることがとても大切です。

 

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す