歯の着色とホワイトニング

 

健康な歯はアイボリーホワイト色をしています。歯の色は人によって違い、また人種によっても違います。日本人の歯は、やや黄色味があり、欧米人は白いと言われています。

歯は一番上がエナメル質からなる半透明の層があり、その下に象牙質で出たクリーム色の層からできています。

しかし、歯が黒ずんでしまったり、茶色く変色することがあります。原因は歯の発達の問題や、薬の影響などもありますが、タバコのヤニやお茶・コーヒーの渋がついて変色することもあります。

歯の汚れは正しく歯磨きをすることで充分防げるのですが、着色してしまったら歯科医によるクリーニング(PMCT)で、本来の健康的な歯の色に戻すことが出来ます。さらに、ホワイトニングという方法で、歯の質から、より白くすることが出来るのです。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す