【キシリトールは虫歯予防に効果がある?】

単体では防げませんが、歯磨きと併用すると効果があります。
虫歯菌にはキシリトールが効く菌と効かない菌があり、効く菌にはキシリトールをエサと間違えてからだに取り込み、それをエネルギーに変えられないため次第に弱っていきます。
また、キシリトールを代謝できないために歯を溶かす酸を産生できません。
一方、キシリトールが効かない菌は、そのまま生き続けます。
ただし、このタイプの菌は、悪性度が低く、酸や歯垢をつくりにくく、歯磨きですぐに落とせます。
キシリトールを使い続けることで、口の中の虫歯を悪性度の低いタイプに変えることができ、日常のケアで虫歯予防が容易になります。
効果を出すためには、キシリトールができるだけ高濃度に入ったガムやキャンディーをとることをお勧めします。
1967030004_s

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す