【むし歯の治療はその進行度や場所で変わります】

むし歯は進行度によりC1-4まであります。
虫歯の進行
初期のむし歯(C1):エナメル質に限局したむし歯。痛みはなく、歯に付着したバイオフィルムをとるだけで、削りません。後は歯磨きなどをしっかりすることで進行は止まります。奥歯の溝や歯ブラシが届きにくい場所では、削ることがあります。

中期のむし歯(C2):象牙質にむし歯が達した段階で、冷たいものがしみたりします。

神経に及んだむし歯(C3):象牙質を突き抜けて歯髄(歯の神経)にまでむし歯が進んだ段階。何もしなくてもズキズキと歯が痛むようになります。

歯根しか残っていないむし歯(C4):歯根(歯の根の部分)にまでむし歯が進んだ段階。歯根の尖端に膿が貯まることがあります。これを根尖病変をいい、歯茎が腫れて激しい痛みが襲ってきます。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す