【むし歯の治療はその進行度や場所で変わります-その3-】

3.神経に及んだむし歯(C3)
むし歯が進行して神経に感染し、強い痛みが続いたら、歯髄(歯の神経)を取る抜髄をします。治療はまず、局所麻酔をしたあと、むし歯になったエナメル質や象牙質を削り、歯髄を露出させます。次にリーマーやファイルと呼ばれる細い器具で、神経を引き抜きます。その後、神経の通っていた根管を広げて抜髄と根管の拡大が終わったら、二次感染を防ぐために消毒。根管の空洞をゴム状の根管充填剤ですき間なく詰めます。経過がよければ土台をつくり被せものをしていきます。
歯と歯肉15(110500015)
4.神経が死に歯根まで感染したむし歯
神経が死ぬと、根管で細菌が増殖します。その場合は抜髄を十分にしたあと、根管を徹底的に消毒します。これが不十分だと細菌が増え、腫れや痛みを生じます。

5.歯根しか残っていないむし歯(C4)
この状態を残根といいます。
出来る限り虫歯を除去し根の治療を行いますが、残る根の長さが短かすぎる場合、抜歯となります。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


コメントを残す