【きちんと噛めないと寝たきりになりやすい?②】

入れ歯の状態と認知症や身体機能の相関関係を調査した結果、入れ歯の状態がいい人は、認知症と寝たきりが少ないということがわかり、噛むことによる刺激が脳や身体機能の神経活動に刺激を与えるという結論を導き出しました。
高齢化社会が進む現代において、噛めるということは生活を楽しく、元気で快適な老後生活をおくるために欠かせない条件なのです。
その他16(110108016)

コメントを残す