【お金を掛けると良い入れ歯(義歯)が出来ますか?】

保険治療では、入れ歯の素材や方法が限定されてしまいますので、自費診療のほうが患者さんの希望に沿った種類の材料を選ぶことが出来ます。

また保険診療の場合は作り直しが出来ず、ぶっつけ本番になってしまいがちです。
一方で自費診療では、相談や説明に時間を費やすことが出来たり作り直しも出来るし、方法や素材などにおいて選択肢が多くなります。

しかし自費診療も良いところばかりではありません。
素材ばかりにこだわって治療を疎かにしてしまう歯科医院は避けたほうが良いでしょう。自費診療の入れ歯は選択肢が多くなる分、費用が数万円から数十万円から数百万円と掛かるものもあり値段の幅が広いです。

素材や方法が少ない保険診療では良い入れ歯が作れないとは限りませんので、入れ歯作りを得意とする歯医者さんであれば、自分に合う入れ歯が見つかるかもしれません。
保険診療の入れ歯の費用は2万円程度と言われております。まずは保険診療で入れ歯を作ってみて満足がいかなければ自費診療の入れ歯に切り替えてみるのも良いかもしれません。