【歯並びが悪いとむし歯になりますか?】

歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくい箇所ができてしまいます。無意識に同じ部分ばかり磨いてしまうことが多く、歯並びが悪い箇所が磨き残しとなってしまい、むし歯になってしまう可能性が高まってしまいます。

歯並びが悪いと感じている人は、どこが磨き残してしまうのかを確認し、自分にあった歯磨きの仕方を教えてもらうといいでしょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシも併用してください。また、歯科医院での定期的なクリーニングも行うとより効果的にむし歯を予防できるでしょう。

また、歯を矯正することによって歯磨きがしっかりとできるようになり、結果むし歯を予防できるという可能性もあります。歯並びによってむし歯になりやすいと感じている人は、歯科医院で矯正も含め相談してみると良いでしょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯医者さんに行く前に歯磨きをした方が良いですか?】

「歯医者さんに行く前は歯を磨くのは当然だ」と思う人も居れば、「歯を綺麗にしてくれるから磨かない」と思う人も居るでしょう。

中には、仕事場やお出かけ先から直接歯医者さんに向かったために歯を磨く時間が無かった場合には、受付に申し出てください。当院では受付で歯ブラシも販売しておりますので、診療前に歯を磨いておきましょう。
歯を磨く余裕も無く診察室に通された場合には、うがいだけでもしておくのがエチケットです。

かと言って歯医者さんに行くからと気合を入れて歯を磨くと、今度は歯の表面であるエナメル質や歯肉を傷つけることがありますので、いつも通りの歯磨きをしてお越しください。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【歯医者さんでクリーニングをすると歯は白くなりますか?】

歯に付着した汚れの一部は「美白歯磨き剤」などを使うことによってある程度は落とすことが可能ですが、人の歯磨きはどうしても癖があるため磨き残しが出てしまいます。磨き残した箇所の汚れを落とすことが出来ずに歯がくすんでしまいます。
しかし、これを防ごうと歯を磨き過ぎると、今度は歯のエナメル質を削ってしまったり歯ぐきを痛めてしまいます。

歯に傷をつけず安全に本来の白さを取り戻すためには、歯医者さんで定期的なお掃除をおすすめします。
プロの手が加わることで、自分が今までの歯磨きで磨けていなかったところや、凸凹していたり歯と歯の間の磨くのが難しいところを効果的に綺麗にすることが出来ます。

また歯医者さんのクリーニングでは着色汚れのお掃除だけでなく、歯磨き指導や虫歯や歯周病の確認も受けられますので、お口の中の健康自体の向上も出来るメリットがあります。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください


【薬用の歯磨きや洗口剤は歯周病に効きますか?】

効果はあっても穏やかなので、補助的に使うと考えましょう。

「歯周病予防」を謳っている歯磨き剤は、歯垢を分解する酵素や歯周病の原因菌の増殖を防ぐ成分が入っていることが多いです。しかし「一般的にそうした歯磨き剤は有効な成分が入っていても、効果が穏やかな医薬部外品なので薬物の効果はあまり期待できない」と東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯周病学の和泉雄一教授は語ります。

一方で洗口剤は殺菌効果や口臭予防効果が期待出来ます。ただし使い過ぎると口の中が乾燥して口臭がすることがあります。

歯を磨いているのに歯周病が進む人は歯磨き剤に頼りすぎていることが多いかもしれません。歯ブラシだけで丁寧に磨いて、最後に歯磨き剤を少し使って丁寧に磨くのがブラッシングの基本だと覚えておきましょう。

関連記事:

~いつもミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜のブログにご訪問頂きありがとうございます~

お気軽にご相談ください