審美・矯正・ホワイトニング・予防センター ミズキデンタルオフィス

横浜駅西口徒歩4分
9:30-13:30/15:00-19:00

 医院情報

 歯科情報

矯正歯科

HOME > 矯正治療とは

矯正治療とは

矯正治療とは、八重歯、乱杭歯(凸凹)、受け口、出っ歯、すきっ歯のような悪い歯並びなどによる不正咬合を改善します。 これによって口もとの形を整えると同時に、食べ物を良く噛めるようにし、健康な歯と歯肉を維持することを目的としています。


  • 口元がすっきりし、笑顔に自信が持てる
  • 歯ブラシがしやすくなり虫歯や歯周病の予防になる
  • 顎の健全な発育を助ける
  • 食べ物を良くかめて、健康増進になる。発音も改善される

様々なかみ合わせ(矯正症例)

■ 叢生(そうせい/乱ぐい歯・八重歯)
歯が生えるスペースが足りない、または歯が大きいために、重なって生えている状態
叢生 治療前
叢生 治療後
■ 上顎前突(じょうがくぜんとつ/出っ歯)
正常な前歯の噛みあわせでは、上あごの前歯が下あごの前歯の2-3mm前方に被さっているが、上の前歯の先端部または上あごの歯全体が前に出ている状態
上顎前突 治療前
上顎前突 治療後
■ 下顎前突(かがくぜんとつ/うけ口)
下の前歯の方が、上の前歯よりも前方にあるかみ合わせ
下顎前突 治療前
下顎前突 治療後
■ 開咬(かいこう)
奥歯が噛んでも前歯がかみ合わず、常に前歯が開いている状態
開咬 治療前
開咬 治療後
■ 顎変形症の矯正治療について
かみ合わせが骨格的に問題がある方の場合、手術を併用した矯正治療が大学病院にて必要になる場合があります。
外科的なアプローチが必要な矯正治療につきましては、当院では横浜市立大学附属病院と連携して治療を行っておりますのでご相談ください。
また、その際の治療費は、保険が適応となります。
■ 部分矯正について
部分矯正とは、成人の方がかぶせものの治療をする際にスペースが不足している場合や、インプラントを入れるスペースを確保しなければならない場合に短期的に一部の歯に矯正装置をつけて行う治療です。また、わずかな前歯のでこぼこを治す際も適応で、マウスピース型の矯正装置などで治療を行うことも可能です。
費用、期間につきましては実際にお口の中の状態を診察してからになりますので、ご相談ください。
■ 小児矯正について
多くのケースでは床矯正装置や機能的矯正装置を用いています。
歯並びが悪い場合、あごの大きさが小さくて、すべての歯がきちんと並ぶスペースがないケースが非常に多くみられます。こういったケースでは、永久歯が生えそろうまで待ち、抜歯して作ったスペースを利用してワイヤーで歯を並べるというのが従来の一般的な矯正方法でした。
しかし本来、「むし歯になっていない健康な歯を抜く」というのは得策ではありません。これを抜かずに、すべての歯がきちんと並ぶよう、あごを本来の大きさに広げてスペースを作り抜歯の可能性を減らす目的で行います。
床矯正装置は入れ歯に似た形をしていて、装置の真ん中のネジを回すことであごを拡げていきます。痛みがないように少しずつ拡げて、歯を動かしていきますのでご安心ください。
機能的矯正装置は顎の位置関係を治すために装着するマウスピースで主に夜寝るときに使います。こちらの装置も痛みが出ることはほとんどありません。
※しかし、床矯正を行った場合でも顎の幅が狭く歯の大きい方は、抜歯が必要になる場合があります。抜歯が必要かどうかの判断は治療経過を追って、再評価し決定します。

当院で使用している装置

■ マルチブラケット装置
ブラケットという小さな装置を歯の一つひとつに接着させ、ワイヤーを通して歯列を連結させて、歯並びを整えていく装置。
金属やプラスチック、セラミックからカラフルなものまで様々な種類があります。歯の裏側や目立たない場所に装置をつけることも可能です。主に永久歯を対象としていますが、小児でも前歯を並べる際、部分的に使用します。
クリアブラケット セラミックブラケット
プラスチックブラケット セラミックブラケット
デーモンブラケット リンガルブラケット
カラーブラケット リンガルブラケット
■ リテーナー(保定装置)
開咬 治療前
固定式
マルチブラケットによる治療後、「あと戻り」を防ぎ骨の中での歯の動きを安定化させるための装置。歯の裏側に固定するタイプと、食事と歯磨きの際に取り外せるタイプがあります。
開咬 治療前
可撤(かてつ)式

治療の流れ・期間

① 初診診断

診査・診断 気になる箇所がどのように治せるかをお答えいたします。

② 精密検査

口腔内診査、顎関節診査、歯型採得、お口のレントゲン撮影、顔面・口腔内写真撮影。

③ 矯正診断

治療について具体的にお話します。(使う装置や治療期間、協力事項など)。

④ 治療開始

診査・診断 人によってその期間は違いますが、歯を移動するのに約2~3年、その後、歯を保定(動かした歯を安定させること)するのに1~2年かかります。中にはそれ以上の期間を必要とする場合もあります。

矯正治療が長い期間を要するのは不正な関係にある上下の顎の成長を正常な陣道にのせたり、歯の生えかわる時期におこる咬み合わせの不正を正常な方向に誘導する事を目的としているからです。

そして、顎の骨の中に植えられている歯を、そのまわりの部分に損傷を与えないように、徐々に移動するので時間がかかります。治療によって異なりますが概ね月に1回の通院となります。

⑤ 保定開始

診査・診断 歯がきれいに並んだあとは装置をはずし、取り外し可能な保定装置にて歯列の維持・管理を行っていきます。この時期は概ね3ヶ月に1回、約1~2年の通院となります。

⑥ 終了

師からの許可が出れば、保定装置の使用をやめ矯正治療が終了となります。

治療前

治療後

Q&A

何歳くらいで相談したらよいのでしょうか。
不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。治療開始時期は、症状により異なります。
大人になってからでも矯正できますか。
もちろん大人でも矯正はできます。最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。年齢に上限はありませんが、成長期にある子供は成長・発育を利用しながら治療を進められるので、条件がより有利になります。
費用はどれくらいかかりますか。
矯正治療は原則として保険がきかず、特殊な治療を除いて、自費負担になります。症状にもよりますが、一般的には総額50~130万くらいになります。支払方法にもいろいろありますから相談してください。
歯はどんな仕組みで動きますか。
歯は、歯を支える骨の吸収と造骨という現象で動きます。これが歯の動く基本原理です。

矯正治療料金表

※価格は税抜表示です

相談料   ¥2,000
検査料   ¥30,000~¥50,000
診断料   ¥10,000
基本施術料 小児矯正(永久歯萌出完了前まで)
※ 小児矯正から成人矯正に移行する場合は差額分のみのお支払いとなります。
¥300,000
成人矯正
プラスチックブラケット ¥700,000
セラミックブラケット ¥800,000
デーモンブラケット ¥800,000
インビザライン ¥1,200,000
部分矯正(MTM) ¥100,000~300,000
保定装置料 可撤式保定装置(片顎) ¥30,000
固定式保定装置(片顎) ¥12,000
調節料 調節料(ワイヤー調整) ¥5,000/月
調節料(インビザライン) ¥4,000/月
観察料(保定装置や小児のマウスピース) ¥3,000/月
クリーニング PMTC ¥5,000/月
  • 装置代を別途頂くことはありません。(但し、装置紛失時を除く)
  • 分割でのお支払いにつきましては、ご相談に応じさせて頂きます。

矯正治療には専門的な知識・技術が必要です

当院では専門医による矯正治療を行っております。

矯正治療は、症状によって治療開始時期は違ってきますが、気づいた時点でなるべく早く専門医にご相談されることをお薦めします。

早い時期に検査ができれば、その後の治療計画が立てられます。
例えば、受け口であれば3歳から診察いたします。

それによって大掛かりな装置を使わずに、早めに予防や治療が可能です。
上の顎と下の顎の位置・大きさのバランスがとれていない場合、顎が成長する時期(身長が伸びる時期とほぼ同じ)を逃すと治療が難しくなることもあります。

また、歯および歯茎が健康であれば矯正治療に年齢は関係ありません。
自分は矯正なんて・・と思われている年齢の方でも一度ご相談ください。

顎変形症の矯正治療について。
かみ合わせが骨格的に問題がある方の場合、手術を併用した矯正治療が大学病院にて必要になる場合があります。
外科的なアプローチが必要な矯正治療につきましては、当院では横浜市立大学附属病院と連携して治療を行っておりますのでご相談ください。また、その際の治療費は、保険が適応となります。

矯正専門医

歯学博士
日本矯正歯科学会認定医:本田康二


■略歴

  • 東京医科歯科大学歯学部卒業
  • 同大学歯学部矯正科大学院修了 歯学博士
  • 横浜市立大学附属病院 歯科・口腔外科・矯正歯科 勤務
  • 日本矯正歯科学会認定医