審美・矯正・ホワイトニング・予防センター ミズキデンタルオフィス

横浜駅西口徒歩4分
9:30-13:30/15:00-19:00

 医院情報

 歯科情報

親知らず

HOME > 親知らず

親知らずとは

永久歯

人の永久歯は上顎、下顎に左右それぞれ7本ずつ、上下顎で計28本あります。7番目の歯の奥に生えてくる歯を親知らずと言います。
親知らずは1番最後に生えてくる奥歯のことで智歯または第3大臼歯といいます。
通常、永久歯は12歳頃に生えそろいますが、親知らずが生え始めるのは思春期後半から20歳以降です。
親知らずが正常に4本生えてくれば問題ないのですが、隣の歯にひっかかってその一部が斜めに生えるなどの異常な生え方をした場合は処置をしなくてはなりません。
また、全く生えず骨の中に埋まったままの場合やもともと無い人もいます。


親知らずの問題点

まっすぐに生えていて、虫歯や歯周病になっていない親知らずは抜く必要はありません。


親知らずの治療■一部が斜めに生えている親知らず
歯磨きなどのプラークコントロールがむずかしく、親知らずや隣の歯がむし歯になりやすくなるだけでなく、歯肉の炎症や歯並びの不正の原因になりやすいので抜いた方がよい場合があります。



親知らずの治療 ■歯ぐきの中に埋伏している親知らず

歯ぐきの中に埋まっている親知らずは、隣の歯を押して歯並びの不正や痛みを出したり、炎症を起こしたりする事もあり処置が必要な時もあります。

  

親知らずの治療法

「親知らずを抜く」というと、とても大変なイメージをもっている方が多いようですが、その歯の生え方や虫歯の状態、炎症の有無、骨の質などによってその困難性は全く異なります。
他の歯と同様に簡単に抜ける親知らずもあれば、歯肉を切開して骨を削って歯を分割しなければ抜けない親知らずもあります。
抜歯の困難性は抜く前にレントゲン写真などで診断します。
親知らずはまれに骨の中を通っている神経にとても近いこともあり、抜く前にレントゲン写真だけではなく、CT撮影により確認することもあります。
「親知らずを抜く」というだけで過度に心配する必要はありませんが、口腔外科専門医のいるクリニックできちんとした治療を受けることをお勧めします。場合によっては大学病院口腔外科を紹介します。