審美・矯正・ホワイトニング・予防センター ミズキデンタルオフィス

横浜駅西口徒歩4分
9:30-13:30/15:00-19:00

 医院情報

 歯科情報

歯周病

HOME > 歯周病とは

歯周病とは

 歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。
以前は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、現在では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。

 日本は、「歯周病大国」と呼ばれており、成人の約80%が歯周病で生活習慣病の一つです。
 中高年で歯を失う原因の半分は歯周病だといわれています。

 別名サイレントキラー(「静かな殺し屋」)とも呼ばれている通り、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気がついたときにはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。

歯周病の症状

  • 起床時に口の中が粘つく
  • 口臭がある
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎がムズムズする
  • 歯を磨くと血が出る
  • 水を飲むと歯がしみる

歯周病の原因

 歯と歯肉(歯ぐき)の間には、ポケットという1mm~2mm位の隙間(歯肉溝)があります。
 歯みがきを怠っているとこの部分にプラーク(歯垢)が溜まります。

 溜まったプラークが歯石を作り、ポケットの隙間を押し広げていきます。
 歯石がどんどん溜まっていくと歯肉が炎症をおこし歯周病となるのです。

 また、前述以外にも原因として挙げられるのが「歯にかかる過大の力」「ストレス」「喫煙」「糖尿病」等ですが、それらが複合的に関与して発症と進行をもたらしています。
※プラーク…虫歯菌や歯周病菌などの細菌のかたまりです。

■歯肉炎
 歯周病の初期段階ではまず歯肉が赤く腫れて炎症を起こしたり、歯磨きやリンゴなどをかじったりすると出血します。

 ポケットの深さは、3~4mm位です。炎症をおこした歯肉は、赤く腫れてきますので鏡で自分の歯肉を見ると簡単にわかります。

 この状態であれば正しいブラッシングや歯石除去で改善される事が多く、この段階で治療を行えば歯周病を完治することが可能です。

■歯周炎

  • 軽度歯周病
    ポケットが広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。また、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けはじめます。
  • 中等度歯周病
    ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。この頃は口臭もあり歯が浮いた感じがします。強くかむと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。
  • 重度歯周病
    歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません。歯周ポケットの深さは、6mm以上になります。最終的には、歯が抜けてしまいます。



歯周病の治療法・手術法

 比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことが出来ます。しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。

■治療の流れ
  1. 検査/治療方針検討
    • 歯肉の状態(色、形、出血の有無、膿の有無、歯周ポケットの深さ)
    • 歯の動き(歯を押すと前後、左右、垂直にゆれる)
    • 歯を支える骨の状態(X線検査)
  2. 歯周治療
    • プラークコントロール
    • 歯石の除去
    • 歯根表面や歯周ポケット内の汚染物質の除去
    • 歯周外科治療
    • 補綴治療/咬合調整など
  3. 治癒/病状安定
    • 歯周ポケット3mm以下
    • 歯肉からの出血がない
  4. 治療後のケア(メインテナンス)
    • 毎日のセルフチェック
    • 定期的なPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
    ※当院では毎月予防(月一回のメインテナンス)を推奨しています。

■歯周外科治療(手術)
 手術は麻酔をかけて行います。手術にかかる時間は一時間前後で、手術後しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。また、抜糸は手術日から2~6週間後に行います。
  • 歯肉の切開、剥離
  • 歯根表面の清掃
  • 歯周組織再生用材料(エムドゲイン®ゲル)の塗布
  • 歯肉縫合

歯周病の予防

 歯周病は感染症という面と生活習慣病という面を合わせ持った病気です。
 したがって、歯周病を予防するにはこの両面からアプローチする必要があります。
 感染症の面からは、プラークコントロール(バイオフィルムの機械的除去)、生活習慣病の面からは、生活習慣の見直しです。

■プラークコントロール
  • 毎日の歯磨き
  • 歯科医院での定期的なプラークコントロール
歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまう可能性があります。
歯周病は早期発見・早期治療が一番です。

■生活習慣の見直し
  • タバコをやめる
  • ストレスをためない
  • 規則正しい生活
歯周病は口の中だけの病気ではなく、全身の病気とも関係することがわかってきました。
歯周病菌が血管や気管を通って身体の色々な臓器に侵入し、そこで病気をおこしたり悪化させたりすることがあります。また、歯肉の炎症によって作られるケミカルメディエーターという炎症性物資が身体全体に影響を及ぼします。

 例えば、歯周病によって心内膜炎、動脈硬化、肺炎等を引き起こしたり、糖尿病を悪化させたり、早産、低体重児出産の確率を高めたりする可能性があるのです。<

 歯周病を予防することは、歯と歯肉のためだけではないのです。

喫煙と歯周病

 一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べ3倍も歯周病にかかりやすく、また2倍も多く歯を失っているという報告があります。また、喫煙本数と比例して歯周病が重症化することも分かっています。ではどうして喫煙が歯周病を悪化させてしまうのでしょうか?

■喫煙がもたらす歯周病への影響
  • 歯周病菌と戦う白血球の機能を低下させる
  • 歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な毛細血管を収縮させる
  • 歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きを抑制させる
  • 歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう
  • 唾液の分泌が少なくなり、う蝕(虫歯)や歯周病の原因菌が増殖しやすくなる
  • 体の抵抗力が弱まり、傷ついた歯周組織を修復する能力を低下させる

 歯肉からの出血は、歯周病を発見するサインの一つです。
 ところが喫煙すると歯肉の血流が悪くなるため、歯肉が炎症を起こしても出血しにくく、かつ、歯肉もメラニン色素が沈着し黒ずむため、炎症反応をわかりづらくし、自覚を遅らせ知らない間に症状が悪化して歯を失う恐れがあります。

 このように喫煙は歯周病に影響を与えるだけでなく、抜歯後の傷口の回復、歯茎の処置後の治り具合、インプラント手術後の成績が落ちるなど、あらゆる歯科の処置に悪い影響を及ぼします。ぜひ、歯科医師や歯科衛生士、また禁煙外来などに相談しましょう!!
当院では毎月予防(月一回のメインテナンス)を推奨しています。
定期的なプラークコントロールは、当院までお気軽にお電話ください。

歯周病専門医

日本歯科大学附属病院教授
日本歯周病学会歯周病専門医:仲谷?寛


■略歴

  • 日本歯科大学歯学部卒業
  • 日本歯科大学大学院修了 歯周病学分野歯学博士
  • 日本歯科大学歯学部歯周病学教室講師
  • 日本歯科大学附属病院教授
  • 日本歯周病学会歯周病専門医