歯周病治療|横浜 ミズキデンタルオフィス

歯周病治療

歯周病とは

虫歯が虫歯菌によって歯そのものが蝕むしばまれる疾患であるのに対し、歯周病は歯垢(プラーク)によって歯を支えている歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こし、 最終的に歯が抜けてしまう疾患です。
以前は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、現在では「歯周病」という呼び方が一般的になっています。

日本は「歯周病大国」と呼ばれており、成人の約80%が歯周病またはその予備軍であると言われています。
また、歯周病は人類最多の感染症としてギネスブックに認定されています。
歯を失ういちばんの原因がこの歯周病です。
痛みなどの自覚症状がほとんどないため、 気がついたときにはすでに手遅れになってしまっていることも多いというのが、歯周病の恐ろしいところです。

歯周病の症状

歯周病の主な症状に下記のようなものがあります。
当てはまるものがあった方は、ぜひ一度ご相談ください。

  • 起床時に口の中がねばつく
  • 歯が長くなった
  • 口臭がある
  • 食べ物が歯にはさまる
  • 歯茎が腫れている
  • 硬いものが噛めない
  • 歯茎がムズムズする
  • 歯がぐらつく
  • 歯を磨くと血が出る
  • 歯茎を押すと膿が出る
  • 水を飲むと歯がしみる
歯周病 口臭

歯周病の原因

歯と歯肉(歯ぐき)の間には、ポケットという1mm~2mmくらいのすき間(歯肉溝)があるのですが、 歯みがきを怠っていたり、 みがき残しがあったりするとこの部分に歯垢(プラーク)が作られます。
歯垢(プラーク)は簡単に言うと、虫歯菌や歯周病菌などの細菌のかたまりです。
溜まった歯垢が取り除かれないままになっていると2日ほどで歯石になり、その上にまた歯垢が溜まっていきます。
歯垢の中の細菌が出す毒素によって、歯肉が炎症を起こし歯周病となるのです。

ほかにも原因として挙げられるのが「歯にかかる過大の力(歯ぎしり・噛みしめ)」「ストレス」「喫煙」「糖尿病」「食生活」「疲労」「睡眠不足」などです。
これらが複合的に関与して発症と進行をもたらしています。

ほかにも歯と歯の間、抜けた歯の周りなどもプラークのつきやすい部分ですが、これについては予防歯科で詳しくご紹介します。

歯周病の進行

歯肉炎
歯肉炎

歯周病の初期段階で、歯と歯肉の境界部分に細菌による炎症を起こした状態を歯肉炎と言います。
歯磨きをしたときに出血する、口の中が粘つくといった症状がある場合は、歯肉炎になっている場合があります。
炎症をおこした歯肉は、赤く腫れてきますので鏡で自分の歯肉を見ると簡単にわかります。
この状態であれば正しいブラッシングや歯石除去で改善される事が多く、この段階で治療を行えば健康な状態に近いところまで戻すことができます。

歯周病
軽度歯周病
軽度歯周病

歯肉の炎症が進み、ポケットが徐々に深くなっていき、そこから出血したり口臭を感じる場合があります。
また、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けはじめます。
この時点ではまだ痛みを伴わないので、気づかない人がほとんどです。

中等度歯周病
中等度歯周病

顎の骨が半分くらい溶かされて、歯がぐらつき始めて硬いものが噛みにくくなってきます。
ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。
この頃は膿が出て口臭が気になるようになり、あり歯が浮いた感じがします。
強くかむと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。

重度歯周病
重度歯周病

歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。
歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。
硬いものは食べられません。
口臭がより強くなり、歯周ポケットの深さは6mm以上になります。
最終的には、歯が抜けてしまいます。

歯周病の治療法・手術法

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことが出来ます。
しかし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要となります。

治療の流れ
STEP1 検査/治療方針検討

歯周病の程度を調べるため、以下のような検査を行います。
検査の結果によって、今後の治療方針を検討します。

歯垢(プラーク)の付着状態
歯と歯の間、歯と歯茎の境目などどこにどのくらいプラークが付着しているかを確認します。
歯肉の状態
色、形、膿の有無、などを確認します。
歯周ポケットの測定
歯周プローブという器具でポケットの深さを検査し、歯周炎または歯周病であるかどうかを調べます。
深さ・出血の有無などを確認します。
動揺度の測定
ピンセットで歯を揺らし、前後、左右、垂直にぐらつきがあるかどうかを調べます。
歯周病が進むと、歯を支える組織が破壊されるので、揺れは大きくなります。
歯槽骨の状態
レントゲンで歯を歯槽骨(支える骨)が減っていないかを調べます
STEP2 歯周治療・プラークコントロール
セルフケア指導
歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシの使い方などをお伝えします。
ご自身でしっかりと毎日のお手入れをしていただくことで、プラークを減らし、炎症を抑えることが目的です。
歯面の歯石の除去(スケーリング)
歯周治療・プラークコントロールご自身では取り切れないプラークや歯石を除去します。
歯周ポケット内の歯石の除去(SRP)
ポケットの内に入り込んだ歯石やプラークを除去します。

※これらの治療は、保険治療のルールに従い複数回に分けて行います。

歯周外科治療
重度~中度の歯周病の方で、歯石がポケットの深いところに入り込んで除去できないなど、必要がある場合に行います。

詳しくは「歯周外科治療(手術)」をご覧ください。

補綴治療/咬合調整など
歯周病によって歯ぐきが下がり、歯が長く見えるようになってしまったときなどは、被せ物を作ります。
また、必要に応じて咬合(噛み合わせ)も調整します。
STEP3 治癒/病状安定

STEP1~2を繰り返し、ここまでくれば歯周病は治ったと言えます。
ただし、口腔環境が悪くなればまた再発してしまいますので、メインテナンスを欠かさず行い油断しないようにしましょう。

  • 歯周ポケット3mm以下
  • 歯肉からの出血がない
STEP4 メインテナンス
毎日のセルフチェック、ブラッシング
定期的なPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
※当院では毎月予防(月1回のメインテナンス)を推奨しています。

治療が終わっても、定期的にお口の中や歯の周辺組織のチェックを受けて、再発がないか定期的に確認することが大切です。
ミズキデンタルオフィスでは毎月予防(月1回のメインテナンス)を推奨しています。

歯周外科治療(手術)

SRPなど基本的な歯周治療を終えても歯周ポケットが改善しない場合には、歯肉を切り開き歯周病の原因を取り除くフラップ手術を行います。
手術には麻酔を使います。
手術にかかる時間は1時間前後で、手術後しばらく休んでいただいたあとは帰宅できます。

手術の主な流れ
歯肉の切開、剥離
歯根表面の清掃
スケーラーの届かなかった部分の歯石や根の表面の汚れを取り除きます。
歯周組織再生用材料(エムドゲインRゲル)の塗布
新しい歯周組織が出来るようにする材料を塗ります。
歯肉縫合
当日の手術はここまでです。
手術後は痛み止めや化膿止めを飲んでいただきます。
抜糸
手術から2~6週間後に行います。

外科的治療をしたからといって、再び歯周病にならないということはありません。
セルフケアや定期検診をしていくことが大切です。

歯周病専門医のご紹介

歯周病専門医 中谷寛教授

日本歯科大学附属病院教授
日本歯周病学会歯周病専門医
仲谷 寛(なかや ひろし)

略歴
  1. 日本歯科大学歯学部卒業
  2. 日本歯科大学大学院修了 歯周病学分野歯学博士
  3. 日本歯科大学歯学部歯周病学教室講師
  4. 日本歯科大学附属病院教授
  5. 日本歯周病学会歯周病専門医
歯周病専門医とは

「歯周病専門医」とは、特定非営利活動法人日本歯周病学会が認定した歯周病を専門に取り扱う歯科医師のことです。
特定非営利活動法人日本歯周病学会は、歯周病を克服することにより自分の歯を1本でも多く残すことを目的に 1957年に設立された学術団体です。
「歯周病専門医」の資格は、5年以上日本歯周病学会に所属し、規定の単位を取得および審査に合格することにより付与されます。
詳細につきましては、特定非営利活動法人日本歯周病学会http://www.perio.jp/をご覧ください。

ブログ

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 スタッフ&院長ブログ
ミズキデンタルオフィス健康ブログ みんなの家庭の歯医者さん
信頼と実績のインプラントセンター横浜ブログ

リクルート

ミズキデンタルオフィス・インプラントセンター横浜 求人専用サイト

© 2016 Mizuki Dental Office.