審美・矯正・ホワイトニング・予防センター ミズキデンタルオフィス

横浜駅西口徒歩4分
9:30-13:30/15:00-19:00

 医院情報

 歯科情報

予防とメンテナンス

HOME > 予防とメンテナンス

予防のアドバイス

■毎食後(できれば起床後と就寝前にも)歯を磨くこと

 毎食後歯磨きをすることが重要です。もし食事後にそのまま放置しておくと、歯に詰まった食べ物のかすが、細菌の栄養分すなわち培地になってしまうからです。食べかすのなかで、細菌は猛烈な勢いで繁殖します。人間がなぜ虫歯になるかというと、ミュータンス菌という細菌が繁殖するからです。食事をとるとミュータンス菌は活発に酸をつくり、口のなかが酸性に傾いてしまいます。酸はご存知のように歯のエナメル質を溶かしてしまい、徐々に虫歯が悪化していくわけです。

■正しい口腔ケアの方法

 ていねいに磨いているつもりでも磨き残しは出るものです。こうした事態を招かないためには、「電動歯ブラシ」、「歯間ブラシ」、「デンタルフロス」、「クロルヘキシジン配合の口腔洗浄液」などが必要となります。

■自分でプラークのチェックをしましょう。

 磨き残しはプラークの原因になります。プラークを放置しておくと、やがて歯周病を発症してしまい、厄介なことになりますから、なんとしてもプラークを除くためのていねいな歯磨きが必要なわけです。現在では「歯垢(しこう)染色剤」が薬局などで市販されています。これをつけて歯磨きをした後に歯をみてみると、磨き残しの部分が赤く染め出され、きちんと歯磨きができているかが一目瞭然です。赤くなった部分に気をつけて、上手に歯磨きできるよう、繰り返し練習してください。

  

定期健診

一般に治療終了後、一か月目に第一回の定期検診を行います。順調で何も問題がなければ、その後は一~三か月に一回というペースで定期検診は行われていきます。(これはあくまでも目安で、各クリニックによって異なります。当院では、予防を重要視していますので、できるだけ月に一回くらい来院していただき、歯周病予防のための口腔ケアに努めています)。

 では、なぜ定期検診が必要なのでしょうか。  歯科医師は次のことをポイントにチェックを行います。「口腔ケアがきちんと行えているかどうか」、「歯周病を含め口腔内に異常がみられないかどうか」、「顎関節(がくかんせつ)や咀嚼筋(そしゃくきん)に異常がないかどうか」、「全身状態に異常がないかどうか」、これらのことを注意深く観察する必要があるのです。以下、ポイントごとに解説しましょう。

■口腔ケアのチェック

 患者さんのご自宅での生活を含め、日常生活全般にわたって、歯および口腔内の管理が、指示どおりうまく行えているかどうかを確認します。プラークのチェックは、ご自分でできる歯垢染色剤による方法と同様に医院でも行います。さらに、歯周病のリスク・ファクターを調べる検査法もあります。唾液は口腔内を中性に保つ働きがありますが、人によっては唾液の分泌量が減っている患者さんもいらっしゃいますし、唾液の中性化能力が強い人と弱い人がいます。虫歯や歯周病になりやすいのはこうした能力が低い体質の人が多いといえますので、よりいっそう日ごろの口腔ケアの重要性が増してきます。

■口腔内に異常がみられないかどうか

 口のなかというと、どうしても虫歯・歯周病・歯肉炎・プラーク・歯石などに目がいきがちですが、歯科医師は歯と歯茎だけを注意しているわけではありません。舌・頬粘膜・口蓋などの状態も注意深く観察しています。  ここで、簡単に口腔内の病気について触れておきましょう。口のなかにはさまざまな病気が潜んでいます。私たち歯科口腔外科医が注意しているのは、その病変が悪性の病気でないかどうかです。口腔内のがんでは、舌がんが代表的ですが、このほか「歯肉がん」、「顎骨腫瘍」、「唾液腺がん(耳下腺がん・顎下腺がん・舌下腺がん・小唾液腺がんなどがあります)」などが主なものです。なお、こうした病気がどうしても気になる、という人の場合、口腔がん検診は、保健所などで一般的には行われていませんから、専門の歯科口腔外科専門医に定期的に検査してもらうことをお勧めします。

■顎関節や咀嚼筋に異常がないかどうか

 人工歯冠装着後に顎関節や咀嚼筋に違和感を感じた場合、咬み合わせが高いかまたは低いことがあります。その場合、補綴物を調整することで症状がとれるようになります。しかしながら、顎関節または咀嚼筋の痛み、顎関節雑音(カクンという音)、開口障害(口があきづらい)などが生じた場合には、「顎関節症」という診断になります。顎関節症の原因には、咬合の異常や、心理・社会的ストレスも少なからず関係しています。頭痛・肩こり・めまいなどの不定愁訴が慢性的に出現している場合には、歯科口腔外科専門医を受診することをお勧めします。ちなみに私の専門の歯科口腔外科での顎関節症治療は、薬物療法、スプリント療法(マウスピース)、理学療法(マイオモニター)、レーザー治療、鍼治療、関節内注射、関節鏡手術、咬合治療などがあります。

■全身状態に異常がないかどうか

 特に中高年になると、高血圧・高血糖・高コレステロールなど、生活習慣病の危険性が増大してきます。  最近の研究では、歯周病と糖尿病などの全身疾患との関連が深いことが証明され、糖尿病がうまくコントロールされていないと、歯周病が悪化することも報告されています。   

 また、歯周病は心筋梗塞(しんきんこうそく)や早産を誘発するとも考えられています。歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると、歯茎の潰瘍部分から漏れ出た細菌が血管内に侵入し、血流に乗って、全身に回ってしまいます。その結果、冠状動脈に血栓が詰まり、心筋梗塞の原因となります。


 さらに、呼吸器疾患との関連も疑われています。歯周病の原因菌から「膿胸(のうきょう)」を発症して死亡した例が報告されています。お年寄りになると、感染に対する抵抗力が落ち、特に誤嚥性(ごえんせい)肺炎などの呼吸器病を発症しやすくなるので、注意が肝心です。

  

その他分からないことがりましたら当院までお気軽にお電話ください。