審美・矯正・ホワイトニング・予防センター ミズキデンタルオフィス

横浜駅西口徒歩4分
9:30-13:30/15:00-19:00

 医院情報

 歯科情報

顎関節症

HOME > 顎関節症

顎関節症とは

 顎関節症は決してめずらしい病気ではありません。
 関節円板という顎関節のクッションがずれて、顎の関節が円滑に動かなくなり、筋肉のこりや炎症が起きます。

正しい関節円板の位置 症状としては、

  • 口を開けようとすると耳の前にある顎関節のあたりが痛い
  • 顎を動かすと音がする
  • 口を大きく開けにくい
などです。

 その他に頭痛、首や肩の凝りと痛み、耳の痛み、耳鳴りなどの症状がでることもあります。しかし、これらの症状が顎関節症に由来しているのか、あるいはたまたまそれらの症状の他の原因をもっていたのかについては慎重な判断が必要です。

顎関節症の原因と治療法

 顎関節症にはまだまだわかっていないことが多いのですが、病因はひとつではなく様々な因子がかさなって症状がでると考えられています。その因子として、
  • 顎関節や顎筋の構造的脆弱性
  • 夜中の歯ぎしりや噛み合わせの悪さやくいしばり
  • 不良な姿勢や日常的な習癖
  • ストレスなどの精神的な問題
などがあります。

 人によって関節や筋肉に負担をかける要因の種類やその強さが違います。また、関節や筋肉の構造そのものにも人によって耐久力の大小があります。そのため顎関節症の症状の出る人とでない人、あるいは同じ人でも症状の出る時と出ない時の違いについては積み木を用いて説明できます。
 その人のもっている因子のひとつひとつを積み木として積み重ねていき、その人の持っている耐久力の大きさを超えて高くなってしまうと顎関節症の症状が出てきてしまうのです。
 顎関節症の症状の改善のための歯科医院での治療は、スプリント療法(顎関節症治療用マウスピース)、低周波治療、薬物療法などがあります。