今年も夏のホワイトニング・をお勧めします!

全国的に梅雨入り宣言となり、蒸し暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。ミズキデンタルオフィスでは、毎年夏に向けてホワイトニングキャンペーンとして、デュアルホワイトニング(ホームホワイトニング+オフィスホワイトニング)を10%OFFにて施術させていただいております。

ご自宅で行うホームホワイトニングと医院に通っての施術となるオフィスホワイトニングを併用することで、よりスピーディーなホワイトニングの効果が見込めます。

白さを感じるのには個人差がありますが、平均的にカラーレベル1段階から1.5段階白くなったという変化を実感できる方が多いようです。

まずは、お口の中の状態をチェックしてもらいましょう。

そして奇麗に歯のお掃除が出来てから、ホワイトニングがスタート致します。興味のある方は、当院スタッフまで、お気軽にご相談ください💛

ホワイトニングについての詳しい内容は当院のホームページからご覧いただけます。

歯医者さんでのクリーニング(PMTC)

歯のお掃除というと、いつも自分できれいに歯磨きしている部分だけではありません。歯科衛生士さんに歯茎よりも下の部分を診てもらいましょう。歯磨きだけではどうしても落とせない部分の歯垢や、歯周ポケットの奥についてしまった歯石を取り除いてもらう事です。

歯医者さんでのお掃除はPMTC(Professinal Mechanical Tooth Cleaning)といわれる歯科衛生士さんが専用の機器を使って歯垢や歯石や着色汚れを取り除いてくれます。

スケーラーというかぎ状の器具で歯垢や奥の歯石をかきだしてくれるのです。

また歯の表面も磨いてくれます。

歯と歯の間をゴム製の研磨道具で磨きます。その時とても細かい粒子の研磨剤を使って磨きますので、歯の表面がツルツルになります。ツルツルになった歯の表面には汚れが付きにくく、奇麗な状態を保ちやすくなるのです。

きれいになった歯を自分でも持続出来る様に歯磨きの仕方もチェックしてもらえます。

教えてもらったら、しっかり覚えて歯磨き上手になりましょう。

お掃除が終わった後には、歯が虫歯になりにくいようにフッ素を塗ります。歯と歯の間や歯茎との境目などの虫歯になりやすいところには、しっかりケアしたいですね。

歯医者さんでお掃除をしてもらうと、お口の中がスッキリしてとっても気持ちが良いいですよ。

今回ご紹介したPMTCは残念ながら保険診療ではありません。PMTCは1時間ほどかかりますが、1万円程度が目安となります。

歯茎の奥の歯石の付着をそのままにしておくと徐々に歯周病になってしまいます。

虫歯が口臭の原因となることはありませんが、歯周病は口臭を伴うことがあります。歯周病になると歯茎から血や膿が出てしまいます。それらを口の中の細菌が分解して「揮発性硫黄化化合物」という臭いの原因となる物質を発生させます。

この中には主に「メチルカプタン」という腐った様な生臭いガスを発生させるのが特徴です。

さらに揮発性硫黄化合物は歯周病も悪化させてしまうのです。

口臭が気になったら、歯医者さんでのPMTCで歯茎の奥まできれいにしていもらいましょう♡

きっとスッキリ快適になりますよ。

ご存じですか?虫歯予防DAY

もうすぐ梅雨の季節を迎えますが、6月4日は虫歯予防デーなのをご存じですか?

6月4日が6(む)4(し)と読めることから、6月4日を虫歯予防デーとしていたのが始まりだそうです。

みなさんは痛くなる前に虫歯を見つけたことはありますか?

歯が痛みだしてから虫歯に気づく事がありますよね。

でも痛みを感じる状態になった時は、かなり虫歯が進んでいる事が多いのです。

鏡で見た時に直ぐに気づく様な前歯や奥歯など、黒くなっている虫歯は見つけやすいですが、歯と歯の間の虫歯などを自分で見つけるのはとても難しいものです。

また、舌で触れた時にザラっとした感じがするといった時に気づく事もありますが、注意していないと自分では気づきにくいものです。

まずは現在のお口の中の状態をよく知る事からはじめてください。

それには歯医者さんで診てもらうのが一番です。

では、まだ痛くない時には治療はしなくてもいいのでしょうか?

虫歯は痛む前の治療が大切です。

残念ながら虫歯は自然に治ることはありません。

歯の痛みが無いからといってそのままにすると、進行して神経を刺激する様になり、痛みが出てしまいます。

また、しばらく痛かったのに放っておいたら痛みが消えてしまったというような場合は神経が死んでしまった可能性もありますので、必ず歯医者さんを受診しましょう。

少し黒くなってきた虫歯でも、痛みがなく、表面に穴もない状態の場合はプラーク(歯垢)を取り除いたらフッ化物を塗布する治療をして、虫歯の進行が止まるかどうか経過を観察してもらいます。

それと同時に、他の歯も虫歯にならない様に歯磨きの指導もしてくれますので、しっかり身に着けていきましょう。

歯がちょっと黒くなっているなと気づいたら、まずは歯医者さんへ。

虫歯になってしまうと痛みがでたりして嫌ですよね。虫歯は自分ではなかなか見つけられません。

鏡で見えない歯と歯の間や歯茎の境目に気づかないうちに虫歯が進行しているかもしれません。

毎日安心して過ごせるように虫歯は早く見つける事、そして適切な治療をしてもらうために、定期的な検診に歯医者さんへ行くことがとても大切ですね。

6月4日の虫歯予防デーと10日までの予防週間に、お口の中をチェックしに歯医者さんへ行ってみてくださいね。

ミズキデンタルオフィスでは虫歯予防・お口の健康月間として、6月1日から30日までの間に当院受診されSNSフォローしていただいた患者さんに素敵なプレゼントを用意しております♡

詳しくは受付スタッフまでお気軽にお問合せ下さい。

歯科検診のご予約はこちら

お問い合わせはこちらから 045-410-4818

歯周病再生治療薬(リグロス)

落ち葉がまう季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?保険適応の歯周病再生治療薬(リグロス)について、業者の方に来ていただき研修を受けました。

外科処置が必要な歯周病治療を行う際、使用すると歯周組織再生の効果を上げる薬剤で、臨床結果をみても安全で効果的である事がわかりました。

歯を失うの原因の1位は虫歯ではなく歯周病です。歯周病が進行すると歯を支えている骨が溶けて歯が動くようになり最終的には抜けてしまいます。

ご自身の歯を1本でも長くもたせる為にも定期的な検診と状態にあった治療が必要になります。院内にて資料も準備してありますので、気になる方は当院受付にてお申し付けください。

歯科助手 K

【糖尿病とお口のケア】

日本人の40代以上の人の10人に1人は「糖尿病」にかかっているといわれています。

糖尿病は代表的な生活習慣病の一つで、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足して血糖値(血液中の糖)が異常に高くなる病気です。

「糖尿病」になるとお口の中が乾きやすくなり唾液の量も減るため、お口の中が汚れやすくなり口臭がきつくなり、併せて免疫力も低下するので「歯周病」になりやすくなります。

糖尿病の人の7~8割が「歯周病」などお口のトラブルを抱えていると言われています。

感染に対する抵抗力も弱くなるため、「歯周病」から重症の感染症を引き起こすこともあります。

一方で「歯周病」を治療すると血糖値がコントロールしやすくなり、「歯周病」の改善が「糖尿病」の改善に関係することが報告されています。

生活習慣病の改善にもお口のケアは大切だということ、日ごろから定期健診などで自分の歯の状態を把握していくことが、重大な病気から身を守ることにつながっていくと言えるでしょう。

 

【特定の時間に歯が痛みます。これはむし歯ですか?】

入浴時や入眠時(眠りにつく前)に頻繁に歯が痛むようであれば、むし歯が進行している場合があります。

その時間は体温が上がるため、象牙質内にある極小管である象牙細管に入った体液が少し膨張します。むし歯のない歯の場合、そのようになっても何も感じませんが、むし歯により歯の神経に炎症が起きている場合、その膨張も刺激となり歯が痛むことになります。

また就寝中は唾液の分泌が少なくなるため寝る前の歯磨きを忘れていたり、丁寧に歯を磨かなかったりすると、口内のpHが酸性になったままになります。そうなってしまうと虫歯が急激に進行してしまうためそれが原因となり痛みが出ることがあります。

【歯周病、歯肉炎と歯周炎は何が違うのですか?】

歯周炎と歯肉炎は進行度で、歯周病はその総称です。

最初に覚えておいて欲しいのが、歯を支える歯周組織に起こる病気の総称が「歯周病」です。
その中で歯肉に炎症が起こっている段階を「歯肉炎」と言い、歯肉炎が進行して歯を支える歯槽骨まで炎症が及んだ段階を「歯周炎」と言います。そのため、歯肉炎と歯周炎は歯周病の進行具合の違いと言って良いでしょう。歯周病の初期の段階が歯肉炎で、進んだ状態が歯周炎となります。

現在は歯周病も早期発見・早期治療が大切です。何故かというと、歯肉炎の段階であれば適切な歯磨きで治ってしまうこともあるからです。しかし、それが歯周炎まで進行すると、歯肉を切除したり、歯肉を剥離して歯の根元に付着した歯石を取らなければならなかったり、歯周組織を再生する「歯周外科」の治療が必要になることもあります。場合によっては歯を抜くことも必要になるかもしれません。
そうならないために歯肉炎の段階で治療を受けることが大切です。

【それ歯周病かも? 子どもの口が臭いです!】

口臭の原因は虫歯の進行や歯周病ですが、子どもの場合は副鼻腔炎や膿栓など病的口臭の全身由来から口臭がする可能性を疑ってみましょう。
歯科医院で口の中を診てもらって問題が無ければ、耳鼻咽喉科を受診してみてください。

また、子どもは歯の生え始めや永久歯への生え変わりの時期は、歯が歯ぐきを溶かして永久歯が生えているので口臭がする時がありますが、これは歯科を受診する必要はありません。
大人に比べて唾液の分泌量が多いので、基本的に口臭はしません。ただし、食べ物の影響を受けやすいので、嗅いが強い食べ物を食べたかを確かめてみましょう。

ですが、子どもに対して「口が臭い」とは言わないようにしましょう。この一言で大人になっても口臭を気にされる方がいらっしゃいます。

【歯周病がアルツハイマーの原因に?】

歯磨きを怠り、口腔内を不潔にしておくことは「歯周病」だけでなく「肺炎」の原因になることが分かっております。

とくにお年寄りの「肺炎」は深刻で、日本人の死因の肺炎が占める割合は10%程度ですがそのうちの95%がお年寄りです。

食べ物を喉に詰まらせてしまい細菌を含んだ唾液も肺に入ってしまうと「誤嚥性肺炎」が誘発されてしまいます。

「歯周病」が「糖尿」や「アルツハイマー」の原因になるという研究もされています。

具体的な症例や因果関係は発表されていませんが、歯周病菌が様々な毒素を出していることは知られています。

その毒素が血管から入り込み体に徐々に悪影響を与えている可能性があることが指摘されています。

「認知症」はある日突然起こる病気ではありません。本人の知らないところで徐々に病気が進行していきます。

「歯周病」を予防することが、年を取っても健康で若々しく生きていける秘訣ともいえますね!

【むし歯で削った場所には何を詰めるのですか?】

むし歯を削ったあとに詰めるものは「コンポジットレジン」と「インレー」というものがあります。

コンポジットレジンは歯と同色のプラスチックの詰め物です。健康保険が適用されます。最初はペースト状になっていますが、光を当てると固まります。これを削った箇所に詰めて、歯の形を復元します。

インレーは型取りをしてから詰め物を作り、それを後日セメントで接着させます。いくつか素材に種類があり、健康保険が使える金銀パラジウム合金という金属や、健康保険適用外となるジルコニアやセラミック、ハイブリッドレジン等があります。素材によって見た目・強度・耐久性・価格に差があります。歯科医とよく相談をして決めましょう。