歯石と歯垢は何が違うの??

季節になりました。
今回は、「歯石と歯垢は何が違うのか」をお話ししたいと思います。

街中や歯磨き剤、歯ブラシのCMでよく耳にする「歯垢(しこう)」と「歯石(しせき)」と言う言葉。
同じものだと思って、普段何気に会話で話すことも多いのではないでしょうか。

【歯垢(しこう)とは・・・】

 歯の表面や隙間を、指や爪楊枝でこすった時、ネバネバしたカスが取れることがあります。これが“歯垢(しこう)”です。(別名“プラーク”とも呼ばれています。)

 歯垢は食べ物のカスだけでなく、その食べカスを餌にし増殖した細菌が沢山住み着いています。その数、1gあたり1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています!

【歯石(しせき)とは・・・】

 歯石とは、簡単に言うと「歯垢が硬くなったもの」のことです。
歯みがきでみがき残した“歯垢”は、早い場合は約2日間ほどで硬くなりはじめ“歯石”へと変わっていくと言われています。

 さらに2週間ほど経つと歯垢は唾液中のカルシウムと結びついて固まります。
これが“歯石”です。

【セルフケアとプロフェショナルケアで清潔な口腔内を!!】

 歯石はサンゴと同じように沢山の空洞があります。その中に細菌が入り込みます。
歯石は、名前の通り「石のように硬い」ので、一旦歯に付いてしまうと歯ブラシでは取れず、歯科医院で取り除いてもらわなければなりません。

 また、歯周病を悪化させる原因にもなりますので、ご自分での「セルフケア」と、歯科医院での「プロフェショナルケア」で、清潔な口腔内を保つことがとても大事です。

むし歯になりにくいおやつを教えてほしいのですが…?

夏休みになるとお子さんと一緒にお家で過ごす時間が増えると思います。

毎日のおやつは楽しみの一つですね。喜んで食べてくれるからと甘いものばかり食べさせてしまうのも考えものです。みなさん工夫されていると思いますが、虫歯になりにくいおやつには、どんな物を選んだら良いでしょうか?

噛み応えのあるおやつは、唾液の分泌を促すのでお勧めです。食物繊維を多く含んだ、ふかし芋などは噛み応えもあり、よく噛んで食べることが自然と習慣になります。また、歯が生えそろったら噛む力を大きくするスルメイカも良いですよ。

噛んでいるうちにだんだんと味が変ってくるのを感じられます。そうした体験からよく噛む事が身について来ると思います。

また、子供は3回の食事だけではエネルギーを摂取出来ないので、不足分を補うためにもおやつは子供にとって大切です、おやつはどんな風に食べていますか?

遊びながらいつまでも食べていて、口の中に長い時間甘いものが入っている状態になっていませんか?キャラメルの様にネバネバして口の中に長く残るようなものだと、むし歯になりやすいのです。

子供のおやつは遊び食べを防ぐためにも、時間を決めておく方が良いですよ。

お口の健康も考えながら、夏休みのおやつの時間を楽しく過ごしてくださいね。

ホワイトニングの薬剤って、歯を傷めるの?

ホワイトニングは歯医者さんで特別な薬剤を使って施術します。

ホワイトニングは削らない治療ですから、歯を傷つけることはありません。でも薬剤の影響が気になるという方もいらっしゃいます。薬剤の化学反応によって影響が出るような事はあるのでしょうか?

ホワイトニング剤の主成分は、ホームホワイトニング用が過酸化尿素、オフィスホワイトニング用が過酸化水素で、オフィスホワイトニングの方が作用の強い薬剤になっています。

いずれも厚生労働省が承認しています。今までにホワイトニングの薬剤によって歯へのダメージがあったという報告はまだありませんので、薬剤による歯への悪い影響は無いと言っていいと思います。

歯科治療の先進国であるアメリカで、ホワイトニングが始まって20年以上になり、治療を受けた人数は数千万人にもなります。

こんなに沢山の症例があるですが、現在までに問題になったことはありませんので、安心して施術してください。

ホワイトニングの治療は痛いのでしょうか?

治療中にホワイトニングの薬剤が粘膜や皮膚についてしまうと、痛みを感じる方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニング剤では、痛みが出ることはほとんどありませんが、歯医者さんで施術するオフィスホワイトニングの薬剤は高濃度ですので、痛みが出たら我慢せずに直ぐに歯医者さんに伝えましょう。

オフィスホワイトニングでも、ホームホワイトニングでも同じ様に冷たい刺激に対する知覚過敏を感じる方が4割程度の人に起きていますが、少し時間をおくと消えてしまう事が多く特に心配ない症状です。

また、予防のためにお薬を使用することもありますので、痛みが心配な方は歯医者さんにしっかりと相談してください。

どうしよう?一本だけ色が違ってきた・・・


どうしよう?一本だけ色が違ってきた…:ホワイトニング編

虫歯になって治療した結果、神経を抜くこともあります。神経を抜いてしまうと、歯の色が黒ずんでしまったり、茶褐色に変色してしまう事があります。

他の歯は白いのに一本だけ色が変わってしまうと不自然に目立ってしまいます。通常のホワイトニングを施術した場合に、その歯も白くすることは出来ますが、周囲の歯色と同じ様にすることは難しく、比べると違いが出てしまいます。神経を抜いた歯は白くできないのでしょうか?

ウォーキングブリーチという治療法で、歯の内側から白くする方法があります。

神経を抜いた歯には中に充填剤が詰められていますが、この詰め物を途中まで取り除いた後、空いたスペースに過酸化水素とナトリウムを混ぜた薬剤を詰めることで、歯の内側から変色を元の色に戻す方法があります。

中に詰めた薬剤は歯の色が白くなるまでに数回ほど詰め替えをする必要があります。週に一度は通院をして薬剤を詰め替えて、1カ月から1カ月半ほどかかります。

この内側から白くするウォーキングブリーチも治療を受けると、周囲のまだ神経のある歯との色の差が少なくなり一本だけ違っていた色が目立たなくなります。

デメリットも知って選びましょう

自分の歯を内側から白く目立たなくすることは出来ますが、歯の根が溶けてしまうというケースもあります。

歯を白くするために、その歯の根を痛めてしまうのは残念なことです。

どうしても目立ってしまう場所だったりする場合、歯医者さんとよく相談して治療方法を選ぶことが大切です。

ホワイトニングが気になっていらっしゃる方は、お気軽に受け付けスタッフまで、ご相談ください。

ホワイトニングを受けるときに

「白い歯」という言葉からイメージする白さは、人それぞれ違ってきます。ホワイトニングの治療で、患者さんと歯医者さんが違うイメージをもっていしまったら、ホワイトニングには納得がいかなかったという事になってしまいます。

そこで、初診時のカウンセリングがとても大切になってきます。

初診時のカウンセリングで、ご自身のご希望を伝えてください。例えば、来月に結婚式があるからそれまでにといった具体的な希望も大切です。またお仕事などの関係で通える時間が限られているなど、生活に合わせて出来る事も伝えましょう。

歯には個人差がありますので、歯医者さんも患者さんの歯によってはホワイトニングできる限界もあります。早くに白くして、長く維持するためには、ヂュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用)が最適です。

どんな白さにしたいですか?

イメージしている白さ、自分が望んでいる白さは、どのくらいの色なのかを最初に伝えます。芸能人の〇〇さんみたいに・・・

その芸能人の方ははを削って被せていると思われることもあり、薬剤で白くするホワイトニングでは難しいと説明されるかもしれません。

カラーガイドを見て、多くの患者さんは、一番白い色を選ぶそうです。ですが歯医者さんからみて、不自然な白さに感じられることもあるそうです。また、その色を維持するためには頻繁にホワイトニングが必要になる場合もありますので、最初によく相談しましょう。

エナメル質の厚みによってホワイトニング剤の反応具合が違いますので、どれくらい白くなるかは、やってみないとわからない部分があるのです。

今年も夏のホワイトニング・をお勧めします!

全国的に梅雨入り宣言となり、蒸し暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。ミズキデンタルオフィスでは、毎年夏に向けてホワイトニングキャンペーンとして、デュアルホワイトニング(ホームホワイトニング+オフィスホワイトニング)を10%OFFにて施術させていただいております。

ご自宅で行うホームホワイトニングと医院に通っての施術となるオフィスホワイトニングを併用することで、よりスピーディーなホワイトニングの効果が見込めます。

白さを感じるのには個人差がありますが、平均的にカラーレベル1段階から1.5段階白くなったという変化を実感できる方が多いようです。

まずは、お口の中の状態をチェックしてもらいましょう。

そして奇麗に歯のお掃除が出来てから、ホワイトニングがスタート致します。興味のある方は、当院スタッフまで、お気軽にご相談ください💛

ホワイトニングについての詳しい内容は当院のホームページからご覧いただけます。

被せた歯でも虫歯になってしまうのでしょうか?

虫歯治療の後の被せ物、天然歯の上から覆うクラウンですが、被せた後も虫歯になってしまうのでしょうか?

クラウンは人工物ですので、それ自体は虫歯にはなりませんが、その下にはまだ天然歯が残っています。そしてクラウンと天然歯の間に僅かでも隙間があると、そこから汚れが入り込み、被せ物の内側で虫歯が進行してしまいます。

これを「二次う触」と呼び、大人の虫歯には多いのです。

どうして二次う蝕になってしまうのでしょうか

それは、きちんと歯に装着されたクラウンでも歯周病や間違ったブラッシングで歯ぐきが下がり、歯根が露出してしまうことがあるのです。

いままで歯ぐきで覆われていた歯根は柔らかい象牙質で出来ています。虫歯が進行しやすいのです。

また神経を取った歯は痛みを感じませんから、虫歯が進行していても、自分では気が付くのが遅くなってしまう事が多いのです。

被せ物の根元は丁寧にやさしく磨く。

二次う蝕になるとクラウンを外してむし歯の治療をする必要があります。

当然、クラウンはもう一度作り直すことになってしまいます。

クラウンやブリッジなど被せ物をしている歯は、意識して根元の部分を磨く必要があります。ただし、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨くとかえってよくありません。

歯ぐきが下がってしまい、歯根を傷つけてしまう事があります。

ブラッシングは力を入れずに磨きましょう。

歯と歯茎の境目を丁寧にやさしく磨いてくださいね。

もちろん歯科医院での定期的な検診は欠かせませんね。

歯が抜けちゃったけど、1本くらいなら放っておいても大丈夫?

虫歯がおおきくなったり、歯ぐきの炎症がひどかったりして、歯医者さんで歯を抜いてしまいました。でも奥歯だから目立たないし…と思ってそのままにしてしまいました。

笑っても見えにくい奥歯だからと言って抜けた歯を放っておいてはいけません。平均的に最初に失われがちな歯は、下の奥歯です。厚生労働省の調査によると、左右の第一大臼歯または第二大臼歯は平均50歳前後で失われています。

歯を抜いてしまうと「噛みにくい、発音しにくい、見た目が悪いなど、気になることが多いのですが、抜けてしまった歯が奥歯で目立たない場所なら、食べにくくても反対側で噛めば何とかなると放置してしまう人もいます。

このままの状態にしておくことはお勧めできません。1本をなくした段階で、すぐに義歯・ブリッジ・インプラント・を入れることが必要です。

何故かというと、歯が抜けてしまうと時間の経過と共に歯並びに変化が現れるのです。

徐々に噛み合わせが悪くなってきます。そして全身へも影響が出始めるのです。

歯には失ったスペースを埋めようとする働きがあります。第一大臼歯が抜けてしまった場合、上のスライド後ろの歯が空いたスペースを埋める様に倒れてきます。

さらに上の歯が下に向かって伸びてくるのです。

そうして少しずつ歯が動いてしまうのです。歯が動き始めると、その隣の歯、またその隣の歯と、ドミノ倒しのような変化が起こり、噛み合わせが変わってしまうのです。

この状態になってしまったら注意が必要です。

噛み合わせが変ってしまうと、顎に痛みのある顎関節症や、慢性的な肩こり、腰痛といった全身性の症状があらわれてしまうことがあるのです。

早めに義歯・ブリッジ・インプラントを入れてきちんと噛める状態に戻しましょう。

しっかりと噛めることは、美味しくたべられること。

それは、とても幸せな事ですよね🍀

歯医者さんでのクリーニング(PMTC)

歯のお掃除というと、いつも自分できれいに歯磨きしている部分だけではありません。歯科衛生士さんに歯茎よりも下の部分を診てもらいましょう。歯磨きだけではどうしても落とせない部分の歯垢や、歯周ポケットの奥についてしまった歯石を取り除いてもらう事です。

歯医者さんでのお掃除はPMTC(Professinal Mechanical Tooth Cleaning)といわれる歯科衛生士さんが専用の機器を使って歯垢や歯石や着色汚れを取り除いてくれます。

スケーラーというかぎ状の器具で歯垢や奥の歯石をかきだしてくれるのです。

また歯の表面も磨いてくれます。

歯と歯の間をゴム製の研磨道具で磨きます。その時とても細かい粒子の研磨剤を使って磨きますので、歯の表面がツルツルになります。ツルツルになった歯の表面には汚れが付きにくく、奇麗な状態を保ちやすくなるのです。

きれいになった歯を自分でも持続出来る様に歯磨きの仕方もチェックしてもらえます。

教えてもらったら、しっかり覚えて歯磨き上手になりましょう。

お掃除が終わった後には、歯が虫歯になりにくいようにフッ素を塗ります。歯と歯の間や歯茎との境目などの虫歯になりやすいところには、しっかりケアしたいですね。

歯医者さんでお掃除をしてもらうと、お口の中がスッキリしてとっても気持ちが良いいですよ。

今回ご紹介したPMTCは残念ながら保険診療ではありません。PMTCは1時間ほどかかりますが、1万円程度が目安となります。

歯茎の奥の歯石の付着をそのままにしておくと徐々に歯周病になってしまいます。

虫歯が口臭の原因となることはありませんが、歯周病は口臭を伴うことがあります。歯周病になると歯茎から血や膿が出てしまいます。それらを口の中の細菌が分解して「揮発性硫黄化化合物」という臭いの原因となる物質を発生させます。

この中には主に「メチルカプタン」という腐った様な生臭いガスを発生させるのが特徴です。

さらに揮発性硫黄化合物は歯周病も悪化させてしまうのです。

口臭が気になったら、歯医者さんでのPMTCで歯茎の奥まできれいにしていもらいましょう♡

きっとスッキリ快適になりますよ。

虫歯予防に欠かせないものは?

虫歯予防というと、まずは歯磨きですね。ですが歯磨きグッズにもたくさんの種類があり迷ってしまう事はありませんか?

多くの歯医者さんが共通して提唱する、必ず使ってほしいグッズは、

  • 歯ブラシ、(手みがき)
  • 歯みがき剤、
  • デンタルフロス、
  • 歯間ブラシ(不要な人もいます)の4つです。

歯の形は複雑で隙間も人によって違います。

歯並びやかみ合わせ、歯周病の進行度合いなどで、選ぶものが変わってきます。歯医者さんに相談しながら、自分の使いやすいものを選んでくださいね。

おすすめグッズを見ていきましょう。

歯と歯の接触面の歯垢は、デンタルフロスを使わないと落とせません。歯と歯ぐきの隙間は歯間ブラシが効果的です。歯並びによっては使わない人もいますね。

歯みがき剤はフッ素などのお薬の効果で虫歯予防が期待できます。

これらのグッズにプラスして歯医者さんがおすすめするのが電動歯ブラシです。

電動歯ブラシは手磨きだけでは取り切れない歯垢を除去する効力があります。逆に、手みがきだからとれる汚れもあるので、併用して使うことで予防効果は高くなるのです。

歯垢を取り除くのには歯みがきが基本ですが、歯ブラシによるケアだけで落とせる歯垢は

全体の6割に過ぎません。デンタルフロスや歯間ブラシを併用してようやく8割となります。残りの2割はというと、歯垢が石灰化して歯についてしまったものや、(時間が経つと歯石となります)、手みがきの癖によるみがき残しになります。

ホームケアだけでは取り切れないものが歯石なのです。あとは歯医者さんのプロフェッショナルケア(PMTC:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・ケア)にお任せしましょう。

信頼できる歯医者さんにで定期的に見てもらうことが大切なんですね。