シーラントによる虫歯予防

シーラントという言葉を聞いたことはありますか?シーラントとはフッ素塗布と並んでよく行われる子供の虫歯の予防処置です。

複雑な溝がある奥歯は歯垢が溜まりやすく、虫歯になりやすいものです。特に子供の5歳から9歳くらいの間に歯が生えかわり、永久歯がゆっくりと生え始めます。この時期の第一大臼歯(6歳臼歯)といわれる奥歯はとても虫歯になりやすいのです。

そこで、この奥歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋める方法がシーラントです。

このシーラントは、第一大臼歯に多く行われます。というのは第一大臼歯は生え始めてからきちんと成長して生え終わるまでに時間がかかります。生えたばかりの永久歯は、背が低く磨きにくいため、初期虫歯になりやすいという特徴があるのです。

その為シーラントを行うタイミングは、奥の第一大臼歯が生え始めた時というのが目安になります。あらかじめ溝を埋めてしまう事で、虫歯予防には効果が高いのです。

歯の溝を埋めるシーラントですが、永久的に溝を埋めるものではありません。そのため、歯がまだ大人になる前に取れてしまうこともあります。また、乳歯にもシーラントをすることも出来ますが、乳歯は未だ溝が浅くシーラントが取れやすいといった事もありますので、歯医者さんに相談してみてください。

また定期検診などでこまめにチェックして、必要があれば処置をしてもらうといいですね。

そして、定期検診の際には、歯科衛生士さんに正しい歯みがきの方法を教えてもらいましょう。

小学生になると、少しずつ自分一人で歯磨きが出来る様になります。その時期に正しい歯みがきの仕方をしっかり覚えて歯磨き上手になることが大切です。

歯垢が赤く染まる染だし剤で子供でも目で見て気が付けるようにしたり、兄弟でどっちがきれいになったかをくらべっこしてみるのも楽しいですよ。

歯医者さんで、シーラント処置をするには、まず歯をきれいにお掃除します。

しっかり歯の汚れを機材や歯ブラシで落としてから処置しないと、シーラントの下に汚れが残ってしまい、その場所から虫歯になる可能性があります。

歯のお掃除が終わり、きれいになった歯の溝にシーラント剤を流しこみます。流し込んだシーラントに光を照射して固めます。最後にしっかり固まっているのかチェックして処置は完了になります。

シーラント後は飲み物や食事などしていただいても大丈夫ですよ。

シーラントがしっかり固まるまでは、お子さんがしばらくお口を開けておくことが必要ですが、シーラントは保険適用になっていますので、永久歯が生え始めたら歯医者さんに相談してみてください。

虫歯の種類

虫歯には大きく2つの種類があります。

一つ目は、最初は小さな黒い変色として見える、もしくは小さな穴やくぼみで、この小さな穴が段々と大きくなってしまうタイプです。このタイプは、ミュータンス菌が砂糖を餌にして酸を作り出す事で歯を溶かしていき、徐々に歯に大きな穴をあけてしまいます。

最初は表面のエナメル質から始まり、象牙質さらには歯髄へと進むと神経も刺激されてとても痛くなってしまうのです。

子供から大人までよく知られていますので、虫歯といとみなさんこのような進みかたをイメージすると思います。

虫歯にはもう一つのタイプがあります。

それは、見た目には変化の無い「隠れ虫歯」です。固いエナメル質には異常が見られず、中の象牙質がダメージを受けてしまうのです。どうしていきなりエナメル質の下にある象牙質から虫歯になってしまうのでしょうか?

それは、歯茎の状態が関係しています。年齢とともに歯茎がやせて下がってしまう事で、歯の根面の象牙質があらわになっています。むき出しになってしまった象牙質は表面を覆っているエナメル質よりも柔らかく、弱い酸で溶けだします。そのためミュータンス菌が作り出した酸によって、虫歯になってしまうのです。

このタイプの虫歯は自分では見つけにくいだけでなく、象牙質の溶ける進行が速い為、すぐに神経まで達しやすいのが特徴です。

歯の根面う蝕といういきなり象牙質から始まってしまう虫歯は、早めに歯医者さんで見つけてもらいましょう。前回に続き虫歯についてご紹介致しました。

お口の中で、自分では気が付かない内に進んでしまっている虫歯があるかもしれまん。気になったら、まず歯医者さんに検診をお願いしてみましょう。

もしくは、歯科衛生士さんにクリーニングをしてもらうのも良いですよ。毎日のブラッシングだけでは出来ない部分もきれいになります。

次回はお口のクリーニングについてお伝えしたいと思います。

ミズキデンタルオフィス    歯科検診・クリーニングのご予約はこちら

               お問い合わせはこちら☎ 045-410-4818

ご存じですか?虫歯予防DAY

もうすぐ梅雨の季節を迎えますが、6月4日は虫歯予防デーなのをご存じですか?

6月4日が6(む)4(し)と読めることから、6月4日を虫歯予防デーとしていたのが始まりだそうです。

みなさんは痛くなる前に虫歯を見つけたことはありますか?

歯が痛みだしてから虫歯に気づく事がありますよね。

でも痛みを感じる状態になった時は、かなり虫歯が進んでいる事が多いのです。

鏡で見た時に直ぐに気づく様な前歯や奥歯など、黒くなっている虫歯は見つけやすいですが、歯と歯の間の虫歯などを自分で見つけるのはとても難しいものです。

また、舌で触れた時にザラっとした感じがするといった時に気づく事もありますが、注意していないと自分では気づきにくいものです。

まずは現在のお口の中の状態をよく知る事からはじめてください。

それには歯医者さんで診てもらうのが一番です。

では、まだ痛くない時には治療はしなくてもいいのでしょうか?

虫歯は痛む前の治療が大切です。

残念ながら虫歯は自然に治ることはありません。

歯の痛みが無いからといってそのままにすると、進行して神経を刺激する様になり、痛みが出てしまいます。

また、しばらく痛かったのに放っておいたら痛みが消えてしまったというような場合は神経が死んでしまった可能性もありますので、必ず歯医者さんを受診しましょう。

少し黒くなってきた虫歯でも、痛みがなく、表面に穴もない状態の場合はプラーク(歯垢)を取り除いたらフッ化物を塗布する治療をして、虫歯の進行が止まるかどうか経過を観察してもらいます。

それと同時に、他の歯も虫歯にならない様に歯磨きの指導もしてくれますので、しっかり身に着けていきましょう。

歯がちょっと黒くなっているなと気づいたら、まずは歯医者さんへ。

虫歯になってしまうと痛みがでたりして嫌ですよね。虫歯は自分ではなかなか見つけられません。

鏡で見えない歯と歯の間や歯茎の境目に気づかないうちに虫歯が進行しているかもしれません。

毎日安心して過ごせるように虫歯は早く見つける事、そして適切な治療をしてもらうために、定期的な検診に歯医者さんへ行くことがとても大切ですね。

6月4日の虫歯予防デーと10日までの予防週間に、お口の中をチェックしに歯医者さんへ行ってみてくださいね。

ミズキデンタルオフィスでは虫歯予防・お口の健康月間として、6月1日から30日までの間に当院受診されSNSフォローしていただいた患者さんに素敵なプレゼントを用意しております♡

詳しくは受付スタッフまでお気軽にお問合せ下さい。

歯科検診のご予約はこちら

お問い合わせはこちらから 045-410-4818

【特定の時間に歯が痛みます。これはむし歯ですか?】

入浴時や入眠時(眠りにつく前)に頻繁に歯が痛むようであれば、むし歯が進行している場合があります。

その時間は体温が上がるため、象牙質内にある極小管である象牙細管に入った体液が少し膨張します。むし歯のない歯の場合、そのようになっても何も感じませんが、むし歯により歯の神経に炎症が起きている場合、その膨張も刺激となり歯が痛むことになります。

また就寝中は唾液の分泌が少なくなるため寝る前の歯磨きを忘れていたり、丁寧に歯を磨かなかったりすると、口内のpHが酸性になったままになります。そうなってしまうと虫歯が急激に進行してしまうためそれが原因となり痛みが出ることがあります。

【歯並びが悪いとむし歯になりますか?】

歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくい箇所ができてしまいます。無意識に同じ部分ばかり磨いてしまうことが多く、歯並びが悪い箇所が磨き残しとなってしまい、むし歯になってしまう可能性が高まってしまいます。

歯並びが悪いと感じている人は、どこが磨き残してしまうのかを確認し、自分にあった歯磨きの仕方を教えてもらうといいでしょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシも併用してください。また、歯科医院での定期的なクリーニングも行うとより効果的にむし歯を予防できるでしょう。

また、歯を矯正することによって歯磨きがしっかりとできるようになり、結果むし歯を予防できるという可能性もあります。歯並びによってむし歯になりやすいと感じている人は、歯科医院で矯正も含め相談してみると良いでしょう。

【むし歯で削った場所には何を詰めるのですか?】

むし歯を削ったあとに詰めるものは「コンポジットレジン」と「インレー」というものがあります。

コンポジットレジンは歯と同色のプラスチックの詰め物です。健康保険が適用されます。最初はペースト状になっていますが、光を当てると固まります。これを削った箇所に詰めて、歯の形を復元します。

インレーは型取りをしてから詰め物を作り、それを後日セメントで接着させます。いくつか素材に種類があり、健康保険が使える金銀パラジウム合金という金属や、健康保険適用外となるジルコニアやセラミック、ハイブリッドレジン等があります。素材によって見た目・強度・耐久性・価格に差があります。歯科医とよく相談をして決めましょう。

【むし歯の治療回数を教えてください】

むし歯の治療回数は最初の診断で進行状況や位置が確認され大体の治療回数が分かります。

初期のむし歯は削らず様子を見ます。その後、もしむし歯が少し進行してしまっても小さく削って詰め物をする治療であれば1回で終了します。

むし歯が少々進行してしまい削ってから被せ物をする場合は、型を取る必要があるため少なくとも2回は通う必要があります。

さらに進行していたり、神経を取る治療など複雑な治療が必要な場合はそれに応じて回数は増えることになります。
むし歯が進行すると治療回数も増え、治療費もその分かかってしまいます。日頃の歯のセルフケアは非常に大切であり、定期的に歯科医院でのクリーニング、検診に行くようにしましょう。

 

【歯に黒いところがあったらむし歯ですか?】

歯に黒いところがあっても、それが必ずしもむし歯というわけではありません。また、黒くないむし歯も存在します。

歯が黒くなっているのは、むし歯、色素沈着(歯の表面に付着した茶渋やコーヒーなどの色素)によるもの、初期のむし歯の進行が止まって再石灰化したものが考えられます。

黒くない白いむし歯というのは、エナメル質の内側に穴が開いてしまう初期むし歯と、色がつかないくらい進行の早いむし歯があります。一般的には初期むし歯は削らずに歯みがきで様子を見ますが、進行の早いむし歯は急いで治療をしなければ歯の神経までむし歯になってしまう可能性があります。同じむし歯でも性質や進行速度が違うため、それぞれに合った治療をしていきます。

【むし歯によって歯が痛むのはなぜ?】

歯は大きく分けると「エナメル質」「象牙質」「歯髄」の3層からできています。エナメル質は硬い組織のため歯を保護してますが、内側の象牙質と歯髄は完全には分かれていなく、象牙質は神経とつながっている管があるため、むし歯で痛みが生じたりしみる原因は、むし歯菌などによる歯の神経の刺激によるものです。

【むし歯や歯周病は歯磨きで防げますか?】

むし歯や歯周病はむし歯菌や歯周病などの細菌が原因です。その細菌の塊が歯垢(プラーク)と呼ばれています。歯磨きでしっかりと歯垢を落とすことは、むし歯と歯周病を予防することに大変効果的といえますが、人によって磨き残しがある場合も多く、歯と歯の間の歯垢はデンタルフロスなどの歯間清掃用具を使って綺麗にする必要があります。

よって、むし歯や歯周病を防ぐポイントは

1.歯磨き

2.歯間清掃用具の使用

3.生活習慣の見直し

4.歯科医院での定期的なチェックとクリーニング

と言えるでしょう。