歯が抜けちゃったけど、1本くらいなら放っておいても大丈夫?

虫歯がおおきくなったり、歯ぐきの炎症がひどかったりして、歯医者さんで歯を抜いてしまいました。でも奥歯だから目立たないし…と思ってそのままにしてしまいました。

笑っても見えにくい奥歯だからと言って抜けた歯を放っておいてはいけません。平均的に最初に失われがちな歯は、下の奥歯です。厚生労働省の調査によると、左右の第一大臼歯または第二大臼歯は平均50歳前後で失われています。

歯を抜いてしまうと「噛みにくい、発音しにくい、見た目が悪いなど、気になることが多いのですが、抜けてしまった歯が奥歯で目立たない場所なら、食べにくくても反対側で噛めば何とかなると放置してしまう人もいます。

このままの状態にしておくことはお勧めできません。1本をなくした段階で、すぐに義歯・ブリッジ・インプラント・を入れることが必要です。

何故かというと、歯が抜けてしまうと時間の経過と共に歯並びに変化が現れるのです。

徐々に噛み合わせが悪くなってきます。そして全身へも影響が出始めるのです。

歯には失ったスペースを埋めようとする働きがあります。第一大臼歯が抜けてしまった場合、上のスライド後ろの歯が空いたスペースを埋める様に倒れてきます。

さらに上の歯が下に向かって伸びてくるのです。

そうして少しずつ歯が動いてしまうのです。歯が動き始めると、その隣の歯、またその隣の歯と、ドミノ倒しのような変化が起こり、噛み合わせが変わってしまうのです。

この状態になってしまったら注意が必要です。

噛み合わせが変ってしまうと、顎に痛みのある顎関節症や、慢性的な肩こり、腰痛といった全身性の症状があらわれてしまうことがあるのです。

早めに義歯・ブリッジ・インプラントを入れてきちんと噛める状態に戻しましょう。

しっかりと噛めることは、美味しくたべられること。

それは、とても幸せな事ですよね🍀

歯医者さんでのクリーニング(PMTC)

歯のお掃除というと、いつも自分できれいに歯磨きしている部分だけではありません。歯科衛生士さんに歯茎よりも下の部分を診てもらいましょう。歯磨きだけではどうしても落とせない部分の歯垢や、歯周ポケットの奥についてしまった歯石を取り除いてもらう事です。

歯医者さんでのお掃除はPMTC(Professinal Mechanical Tooth Cleaning)といわれる歯科衛生士さんが専用の機器を使って歯垢や歯石や着色汚れを取り除いてくれます。

スケーラーというかぎ状の器具で歯垢や奥の歯石をかきだしてくれるのです。

また歯の表面も磨いてくれます。

歯と歯の間をゴム製の研磨道具で磨きます。その時とても細かい粒子の研磨剤を使って磨きますので、歯の表面がツルツルになります。ツルツルになった歯の表面には汚れが付きにくく、奇麗な状態を保ちやすくなるのです。

きれいになった歯を自分でも持続出来る様に歯磨きの仕方もチェックしてもらえます。

教えてもらったら、しっかり覚えて歯磨き上手になりましょう。

お掃除が終わった後には、歯が虫歯になりにくいようにフッ素を塗ります。歯と歯の間や歯茎との境目などの虫歯になりやすいところには、しっかりケアしたいですね。

歯医者さんでお掃除をしてもらうと、お口の中がスッキリしてとっても気持ちが良いいですよ。

今回ご紹介したPMTCは残念ながら保険診療ではありません。PMTCは1時間ほどかかりますが、1万円程度が目安となります。

歯茎の奥の歯石の付着をそのままにしておくと徐々に歯周病になってしまいます。

虫歯が口臭の原因となることはありませんが、歯周病は口臭を伴うことがあります。歯周病になると歯茎から血や膿が出てしまいます。それらを口の中の細菌が分解して「揮発性硫黄化化合物」という臭いの原因となる物質を発生させます。

この中には主に「メチルカプタン」という腐った様な生臭いガスを発生させるのが特徴です。

さらに揮発性硫黄化合物は歯周病も悪化させてしまうのです。

口臭が気になったら、歯医者さんでのPMTCで歯茎の奥まできれいにしていもらいましょう♡

きっとスッキリ快適になりますよ。

ご存じですか?虫歯予防DAY

もうすぐ梅雨の季節を迎えますが、6月4日は虫歯予防デーなのをご存じですか?

6月4日が6(む)4(し)と読めることから、6月4日を虫歯予防デーとしていたのが始まりだそうです。

みなさんは痛くなる前に虫歯を見つけたことはありますか?

歯が痛みだしてから虫歯に気づく事がありますよね。

でも痛みを感じる状態になった時は、かなり虫歯が進んでいる事が多いのです。

鏡で見た時に直ぐに気づく様な前歯や奥歯など、黒くなっている虫歯は見つけやすいですが、歯と歯の間の虫歯などを自分で見つけるのはとても難しいものです。

また、舌で触れた時にザラっとした感じがするといった時に気づく事もありますが、注意していないと自分では気づきにくいものです。

まずは現在のお口の中の状態をよく知る事からはじめてください。

それには歯医者さんで診てもらうのが一番です。

では、まだ痛くない時には治療はしなくてもいいのでしょうか?

虫歯は痛む前の治療が大切です。

残念ながら虫歯は自然に治ることはありません。

歯の痛みが無いからといってそのままにすると、進行して神経を刺激する様になり、痛みが出てしまいます。

また、しばらく痛かったのに放っておいたら痛みが消えてしまったというような場合は神経が死んでしまった可能性もありますので、必ず歯医者さんを受診しましょう。

少し黒くなってきた虫歯でも、痛みがなく、表面に穴もない状態の場合はプラーク(歯垢)を取り除いたらフッ化物を塗布する治療をして、虫歯の進行が止まるかどうか経過を観察してもらいます。

それと同時に、他の歯も虫歯にならない様に歯磨きの指導もしてくれますので、しっかり身に着けていきましょう。

歯がちょっと黒くなっているなと気づいたら、まずは歯医者さんへ。

虫歯になってしまうと痛みがでたりして嫌ですよね。虫歯は自分ではなかなか見つけられません。

鏡で見えない歯と歯の間や歯茎の境目に気づかないうちに虫歯が進行しているかもしれません。

毎日安心して過ごせるように虫歯は早く見つける事、そして適切な治療をしてもらうために、定期的な検診に歯医者さんへ行くことがとても大切ですね。

6月4日の虫歯予防デーと10日までの予防週間に、お口の中をチェックしに歯医者さんへ行ってみてくださいね。

ミズキデンタルオフィスでは虫歯予防・お口の健康月間として、6月1日から30日までの間に当院受診されSNSフォローしていただいた患者さんに素敵なプレゼントを用意しております♡

詳しくは受付スタッフまでお気軽にお問合せ下さい。

歯科検診のご予約はこちら

お問い合わせはこちらから 045-410-4818

歯周病:セルフケアとプロフェッショナルケア

毎日の歯磨きを頑張っていても歯茎が腫れてしまったことはありませんか?

それは歯周病かもしれません。歯茎が炎症を起こしているときはプラークや歯石が溜まってしまっています。

家庭でのブラッシング(セルフケア)は歯茎より上の部分、目に見える部分しかきれいにできません。

プラークや歯石が溜まってしまうのは目に見える部分だけでなく、外からは見えない歯周ポケットの奥深くにもついてしまいます。

この部分は歯ブラシが届きにくいため、ブラッシングだけでは歯茎の炎症や歯周病は治りません。

歯医者さんでの歯石の除去をしておく必要があるのです。歯周ポケットの奥の歯肉縁下歯石がゴツゴツとあると、その周りにプラークがつきやすくなります。これらを除去し、歯ぐきの健康を取り戻すのが歯医者さんでのケア(プロフェッショナルケア)なのです。

毎日の歯磨きと定期的な検診はお口の健康のためにとても大切ですね。

【「口腔ケア」とは具体的に何をするのですか?】

近年、よく歯ブラシ・歯みがき粉のコマーシャルや健康番組などで「口腔ケア」という言葉を耳にすることも多くなってきていると思います。具体的に口腔ケアとはどのようなものか皆さんはご存知でしょうか?

口腔ケアとはお口の清掃を主とするケアで、うがいや歯みがき、舌や入れ歯の清掃などのことを「口腔ケア」と呼んでいます。

また最近では「話す」「食べる」といったお口の周りの機能を回復させるリハビリをも意味するようになりました。

つまり口腔ケアとはお口の衛生と機能回復によって、自身の健康の保持増進を目的とする技術であるということができます。

口腔ケアの重要性は歯科医師だけでなく他の診療科の医師も注目していています。現在全国で「口腔ケアや歯科治療をガン治療や全身麻酔下で行われる治療の一環として取り入れる」ことを目的とした医師と歯科医師との連携が始まっています。

この事業の目的は、患者さんが安心して治療を受けられる体制を作っていくことにあります。

これからは医師の方から「歯医者さんに行って、お口の中をよく診てもらって下さい」と促されることも増えてくるでしょう。

【お口のケアと身体への影響】

お口のケアと身体の器官は一見関係がないように見えて、密接に関係しています。

日ごろからお口のケアを心がけることによって、病気の合併症を防ぐことにもつながります。

歯の表面やお口の中の粘膜には沢山の菌が付着しています。たとえば、呼吸器に持病をお持ちの方が細菌を含む唾液を肺に吸い込んでしまうと「誤嚥性肺炎」を起こす可能性もあります。

又、口の中の細菌が身体をめぐり心臓に悪影響を与え「心内膜炎」や「心筋梗塞」を発症するリスクが増えます。

風邪やインフルエンザや疲労などで身体の免疫力が低下している際には、様々な臓器に感染症を引き起こすこともあります。

お薬の副作用や手術などの影響で唾液が減少すると細菌が繁殖して「虫歯」や「歯周病」の進行を早め、様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

日ごろから定期健診をして自分のお口の状態を把握しておくことが重大な疾患の予防にもつながります。

【歯周病の治療期間はどれくらいですか?】

重症度によってそれぞれ治療期間は違いますので、一生付き合っていくつもりでメンテナンスをしましょう。

軽度であれば数回の通院で済みますが、重症化すれば1年以上掛かる場合もあります。

また歯科医師の考え方や治療方針によっても治療期間は異なります。歯周病は高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同じで慢性疾患です。

治療が済んでも終わりではありません。

歯磨きは毎日降圧薬(血圧の薬)などを飲むのと同じで、治療期間の長短にこだわるよりも、長く付き合っていける歯科医を見つけることが大切です。

【歯周病はどう治療するのですか?進行度によって違うのですか?】

まずは歯周基本治療からです。改善しなければ手術が必要になります。

一般的に歯周病の治療には時間が掛かりますので、それを面倒臭がって途中で通院を止めてしまう人も少なくありませんし、「歯磨き以外に簡単な方法はないのですか?」と不満に感じている人も居ることでしょう。
基本的な治療の進め方は、日本歯周病学会編『歯周病の診断と治療の指針2007』(医師薬出版)に示されております。それによると、歯周病治療は大きく分けて2種類です。

まず1つは「歯周基本治療」。
歯周病の原因を1つでも多く取り除くことです。プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニング、歯垢を増加させる因子(虫歯・補綴物)の修正、かみ合わせの調整などを指し、全ての歯周病の患者さんに行うものです。

もう1つは「歯周外科治療」。
歯周基本治療をしても、4mm以上の深い歯周ポケットが残っていた場合や、歯周病によって破壊された歯周組織を再生したい場合に歯周外科による治療(手術)が選択されます。

 

 

【糖尿病とお口のケア】

日本人の40代以上の人の10人に1人は「糖尿病」にかかっているといわれています。

糖尿病は代表的な生活習慣病の一つで、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足して血糖値(血液中の糖)が異常に高くなる病気です。

「糖尿病」になるとお口の中が乾きやすくなり唾液の量も減るため、お口の中が汚れやすくなり口臭がきつくなり、併せて免疫力も低下するので「歯周病」になりやすくなります。

糖尿病の人の7~8割が「歯周病」などお口のトラブルを抱えていると言われています。

感染に対する抵抗力も弱くなるため、「歯周病」から重症の感染症を引き起こすこともあります。

一方で「歯周病」を治療すると血糖値がコントロールしやすくなり、「歯周病」の改善が「糖尿病」の改善に関係することが報告されています。

生活習慣病の改善にもお口のケアは大切だということ、日ごろから定期健診などで自分の歯の状態を把握していくことが、重大な病気から身を守ることにつながっていくと言えるでしょう。

 

【特定の時間に歯が痛みます。これはむし歯ですか?】

入浴時や入眠時(眠りにつく前)に頻繁に歯が痛むようであれば、むし歯が進行している場合があります。

その時間は体温が上がるため、象牙質内にある極小管である象牙細管に入った体液が少し膨張します。むし歯のない歯の場合、そのようになっても何も感じませんが、むし歯により歯の神経に炎症が起きている場合、その膨張も刺激となり歯が痛むことになります。

また就寝中は唾液の分泌が少なくなるため寝る前の歯磨きを忘れていたり、丁寧に歯を磨かなかったりすると、口内のpHが酸性になったままになります。そうなってしまうと虫歯が急激に進行してしまうためそれが原因となり痛みが出ることがあります。