ホワイトニングの薬剤って、歯を傷めるの?

ホワイトニングは歯医者さんで特別な薬剤を使って施術します。

ホワイトニングは削らない治療ですから、歯を傷つけることはありません。でも薬剤の影響が気になるという方もいらっしゃいます。薬剤の化学反応によって影響が出るような事はあるのでしょうか?

ホワイトニング剤の主成分は、ホームホワイトニング用が過酸化尿素、オフィスホワイトニング用が過酸化水素で、オフィスホワイトニングの方が作用の強い薬剤になっています。

いずれも厚生労働省が承認しています。今までにホワイトニングの薬剤によって歯へのダメージがあったという報告はまだありませんので、薬剤による歯への悪い影響は無いと言っていいと思います。

歯科治療の先進国であるアメリカで、ホワイトニングが始まって20年以上になり、治療を受けた人数は数千万人にもなります。

こんなに沢山の症例があるですが、現在までに問題になったことはありませんので、安心して施術してください。

ホワイトニングの治療は痛いのでしょうか?

治療中にホワイトニングの薬剤が粘膜や皮膚についてしまうと、痛みを感じる方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニング剤では、痛みが出ることはほとんどありませんが、歯医者さんで施術するオフィスホワイトニングの薬剤は高濃度ですので、痛みが出たら我慢せずに直ぐに歯医者さんに伝えましょう。

オフィスホワイトニングでも、ホームホワイトニングでも同じ様に冷たい刺激に対する知覚過敏を感じる方が4割程度の人に起きていますが、少し時間をおくと消えてしまう事が多く特に心配ない症状です。

また、予防のためにお薬を使用することもありますので、痛みが心配な方は歯医者さんにしっかりと相談してください。

どうしよう?一本だけ色が違ってきた・・・


どうしよう?一本だけ色が違ってきた…:ホワイトニング編

虫歯になって治療した結果、神経を抜くこともあります。神経を抜いてしまうと、歯の色が黒ずんでしまったり、茶褐色に変色してしまう事があります。

他の歯は白いのに一本だけ色が変わってしまうと不自然に目立ってしまいます。通常のホワイトニングを施術した場合に、その歯も白くすることは出来ますが、周囲の歯色と同じ様にすることは難しく、比べると違いが出てしまいます。神経を抜いた歯は白くできないのでしょうか?

ウォーキングブリーチという治療法で、歯の内側から白くする方法があります。

神経を抜いた歯には中に充填剤が詰められていますが、この詰め物を途中まで取り除いた後、空いたスペースに過酸化水素とナトリウムを混ぜた薬剤を詰めることで、歯の内側から変色を元の色に戻す方法があります。

中に詰めた薬剤は歯の色が白くなるまでに数回ほど詰め替えをする必要があります。週に一度は通院をして薬剤を詰め替えて、1カ月から1カ月半ほどかかります。

この内側から白くするウォーキングブリーチも治療を受けると、周囲のまだ神経のある歯との色の差が少なくなり一本だけ違っていた色が目立たなくなります。

デメリットも知って選びましょう

自分の歯を内側から白く目立たなくすることは出来ますが、歯の根が溶けてしまうというケースもあります。

歯を白くするために、その歯の根を痛めてしまうのは残念なことです。

どうしても目立ってしまう場所だったりする場合、歯医者さんとよく相談して治療方法を選ぶことが大切です。

ホワイトニングが気になっていらっしゃる方は、お気軽に受け付けスタッフまで、ご相談ください。

ホワイトニングを受けるときに

「白い歯」という言葉からイメージする白さは、人それぞれ違ってきます。ホワイトニングの治療で、患者さんと歯医者さんが違うイメージをもっていしまったら、ホワイトニングには納得がいかなかったという事になってしまいます。

そこで、初診時のカウンセリングがとても大切になってきます。

初診時のカウンセリングで、ご自身のご希望を伝えてください。例えば、来月に結婚式があるからそれまでにといった具体的な希望も大切です。またお仕事などの関係で通える時間が限られているなど、生活に合わせて出来る事も伝えましょう。

歯には個人差がありますので、歯医者さんも患者さんの歯によってはホワイトニングできる限界もあります。早くに白くして、長く維持するためには、ヂュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用)が最適です。

どんな白さにしたいですか?

イメージしている白さ、自分が望んでいる白さは、どのくらいの色なのかを最初に伝えます。芸能人の〇〇さんみたいに・・・

その芸能人の方ははを削って被せていると思われることもあり、薬剤で白くするホワイトニングでは難しいと説明されるかもしれません。

カラーガイドを見て、多くの患者さんは、一番白い色を選ぶそうです。ですが歯医者さんからみて、不自然な白さに感じられることもあるそうです。また、その色を維持するためには頻繁にホワイトニングが必要になる場合もありますので、最初によく相談しましょう。

エナメル質の厚みによってホワイトニング剤の反応具合が違いますので、どれくらい白くなるかは、やってみないとわからない部分があるのです。