どうしよう?一本だけ色が違ってきた・・・


どうしよう?一本だけ色が違ってきた…:ホワイトニング編

虫歯になって治療した結果、神経を抜くこともあります。神経を抜いてしまうと、歯の色が黒ずんでしまったり、茶褐色に変色してしまう事があります。

他の歯は白いのに一本だけ色が変わってしまうと不自然に目立ってしまいます。通常のホワイトニングを施術した場合に、その歯も白くすることは出来ますが、周囲の歯色と同じ様にすることは難しく、比べると違いが出てしまいます。神経を抜いた歯は白くできないのでしょうか?

ウォーキングブリーチという治療法で、歯の内側から白くする方法があります。

神経を抜いた歯には中に充填剤が詰められていますが、この詰め物を途中まで取り除いた後、空いたスペースに過酸化水素とナトリウムを混ぜた薬剤を詰めることで、歯の内側から変色を元の色に戻す方法があります。

中に詰めた薬剤は歯の色が白くなるまでに数回ほど詰め替えをする必要があります。週に一度は通院をして薬剤を詰め替えて、1カ月から1カ月半ほどかかります。

この内側から白くするウォーキングブリーチも治療を受けると、周囲のまだ神経のある歯との色の差が少なくなり一本だけ違っていた色が目立たなくなります。

デメリットも知って選びましょう

自分の歯を内側から白く目立たなくすることは出来ますが、歯の根が溶けてしまうというケースもあります。

歯を白くするために、その歯の根を痛めてしまうのは残念なことです。

どうしても目立ってしまう場所だったりする場合、歯医者さんとよく相談して治療方法を選ぶことが大切です。

ホワイトニングが気になっていらっしゃる方は、お気軽に受け付けスタッフまで、ご相談ください。