【どんな人がラミネートべニアやジャケットクラウンに向いていますか?】

ホワイトニングでは十分に歯が白くならない人にはラミネートべニアが向いています。
エナメル質の形成不全で白斑があったり表面に凸凹がある場合や、虫歯の詰め物によって変色した場合にも有効です。

なお、神経を抜いた歯や、治療する歯が広い範囲にわたって虫歯が出来てしまった場合はエナメル質の表面を削ることが出来ないので、ラミネートべニアは不可能です。
この場合はジャケットクラウンが向いています。

ホワイトニングでは出来ない歯だけをラミネートクラウンやジャケットクラウンにして、そのほかの歯をホワイトニングをすることも可能ですので、色の白さが合うように歯科医師と相談をしましょう。

コメントを残す