シーラントによる虫歯予防

シーラントという言葉を聞いたことはありますか?シーラントとはフッ素塗布と並んでよく行われる子供の虫歯の予防処置です。

複雑な溝がある奥歯は歯垢が溜まりやすく、虫歯になりやすいものです。特に子供の5歳から9歳くらいの間に歯が生えかわり、永久歯がゆっくりと生え始めます。この時期の第一大臼歯(6歳臼歯)といわれる奥歯はとても虫歯になりやすいのです。

そこで、この奥歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋める方法がシーラントです。

このシーラントは、第一大臼歯に多く行われます。というのは第一大臼歯は生え始めてからきちんと成長して生え終わるまでに時間がかかります。生えたばかりの永久歯は、背が低く磨きにくいため、初期虫歯になりやすいという特徴があるのです。

その為シーラントを行うタイミングは、奥の第一大臼歯が生え始めた時というのが目安になります。あらかじめ溝を埋めてしまう事で、虫歯予防には効果が高いのです。

歯の溝を埋めるシーラントですが、永久的に溝を埋めるものではありません。そのため、歯がまだ大人になる前に取れてしまうこともあります。また、乳歯にもシーラントをすることも出来ますが、乳歯は未だ溝が浅くシーラントが取れやすいといった事もありますので、歯医者さんに相談してみてください。

また定期検診などでこまめにチェックして、必要があれば処置をしてもらうといいですね。

そして、定期検診の際には、歯科衛生士さんに正しい歯みがきの方法を教えてもらいましょう。

小学生になると、少しずつ自分一人で歯磨きが出来る様になります。その時期に正しい歯みがきの仕方をしっかり覚えて歯磨き上手になることが大切です。

歯垢が赤く染まる染だし剤で子供でも目で見て気が付けるようにしたり、兄弟でどっちがきれいになったかをくらべっこしてみるのも楽しいですよ。

歯医者さんで、シーラント処置をするには、まず歯をきれいにお掃除します。

しっかり歯の汚れを機材や歯ブラシで落としてから処置しないと、シーラントの下に汚れが残ってしまい、その場所から虫歯になる可能性があります。

歯のお掃除が終わり、きれいになった歯の溝にシーラント剤を流しこみます。流し込んだシーラントに光を照射して固めます。最後にしっかり固まっているのかチェックして処置は完了になります。

シーラント後は飲み物や食事などしていただいても大丈夫ですよ。

シーラントがしっかり固まるまでは、お子さんがしばらくお口を開けておくことが必要ですが、シーラントは保険適用になっていますので、永久歯が生え始めたら歯医者さんに相談してみてください。

コメントを残す