ホワイトニングを受けるときに

「白い歯」という言葉からイメージする白さは、人それぞれ違ってきます。ホワイトニングの治療で、患者さんと歯医者さんが違うイメージをもっていしまったら、ホワイトニングには納得がいかなかったという事になってしまいます。

そこで、初診時のカウンセリングがとても大切になってきます。

初診時のカウンセリングで、ご自身のご希望を伝えてください。例えば、来月に結婚式があるからそれまでにといった具体的な希望も大切です。またお仕事などの関係で通える時間が限られているなど、生活に合わせて出来る事も伝えましょう。

歯には個人差がありますので、歯医者さんも患者さんの歯によってはホワイトニングできる限界もあります。早くに白くして、長く維持するためには、ヂュアルホワイトニング(オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用)が最適です。

どんな白さにしたいですか?

イメージしている白さ、自分が望んでいる白さは、どのくらいの色なのかを最初に伝えます。芸能人の〇〇さんみたいに・・・

その芸能人の方ははを削って被せていると思われることもあり、薬剤で白くするホワイトニングでは難しいと説明されるかもしれません。

カラーガイドを見て、多くの患者さんは、一番白い色を選ぶそうです。ですが歯医者さんからみて、不自然な白さに感じられることもあるそうです。また、その色を維持するためには頻繁にホワイトニングが必要になる場合もありますので、最初によく相談しましょう。

エナメル質の厚みによってホワイトニング剤の反応具合が違いますので、どれくらい白くなるかは、やってみないとわからない部分があるのです。

コメントを残す