ホワイトニングの薬剤って、歯を傷めるの?

ホワイトニングは歯医者さんで特別な薬剤を使って施術します。

ホワイトニングは削らない治療ですから、歯を傷つけることはありません。でも薬剤の影響が気になるという方もいらっしゃいます。薬剤の化学反応によって影響が出るような事はあるのでしょうか?

ホワイトニング剤の主成分は、ホームホワイトニング用が過酸化尿素、オフィスホワイトニング用が過酸化水素で、オフィスホワイトニングの方が作用の強い薬剤になっています。

いずれも厚生労働省が承認しています。今までにホワイトニングの薬剤によって歯へのダメージがあったという報告はまだありませんので、薬剤による歯への悪い影響は無いと言っていいと思います。

歯科治療の先進国であるアメリカで、ホワイトニングが始まって20年以上になり、治療を受けた人数は数千万人にもなります。

こんなに沢山の症例があるですが、現在までに問題になったことはありませんので、安心して施術してください。

ホワイトニングの治療は痛いのでしょうか?

治療中にホワイトニングの薬剤が粘膜や皮膚についてしまうと、痛みを感じる方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニング剤では、痛みが出ることはほとんどありませんが、歯医者さんで施術するオフィスホワイトニングの薬剤は高濃度ですので、痛みが出たら我慢せずに直ぐに歯医者さんに伝えましょう。

オフィスホワイトニングでも、ホームホワイトニングでも同じ様に冷たい刺激に対する知覚過敏を感じる方が4割程度の人に起きていますが、少し時間をおくと消えてしまう事が多く特に心配ない症状です。

また、予防のためにお薬を使用することもありますので、痛みが心配な方は歯医者さんにしっかりと相談してください。

コメントを残す