【神経を抜いた歯も虫歯になりやすい?】

歯髄(歯の神経)を抜く治療も歯と詰め物の境界にわずかなすき間が生じてしまうため、二次齲蝕をいう虫歯の再発が起こりやすくなります。
さらに、歯に神経がないため、むし歯が進行してもわかりにくく、発見が遅れてしまうという問題もあります。また、神経を抜くと歯がもろくなるので、これも注意が必要です。

set

「歯は生きている」と言ったら驚く方も多いかもしれませんが、歯は中心にある歯髄から栄養をもらって新しい象牙質を作っています。
固い歯を維持できるのは、この栄養供給があるからで、歯髄を取ってしまうと、栄養供給が途絶え、新しい象牙質ができなくなります。
歯髄をとったあとは、神経の代わりにゴムのように柔軟性のある根管充填材を入れ歯科用セメントで接着します。また、金属やセラミックでできたクラウンを上から被せて補強します。しかし、それでも完全に補強できるわけではなく、健康な歯とは比べものにならないほど弱くなってしまっています。こうした点からも、神経はなるべく抜かない方がいいのです。

コメントを残す