【歯科で顕微鏡が使われている?】

口の中は狭くて暗い空間のため、奥歯の虫歯や狭い根管を治療するのは大変なことです。
そこで昨今多くの歯科医師が注目しているのが、顕微鏡(マイクロスコープ)を使った虫歯・根管治療で、当院でも最先端の顕微鏡(マイクロスコープ)を導入しています。
顕微鏡を使うと治療個所が拡大されるため、奥歯や根管もしっかり確認しながら精密な治療を行うことが出来ます。さらに、削り残しの除去や削り過ぎ等の予防など様々な利点があります。この診療は自費診療となります。
microend_3

コメントを残す