【歯周病の治療は進行度によって違う?】

歯周病の治療は、大きく2種類に分類されます。

その一つが「歯周基本治療」。これは、プラークコントロール、スケーリング、ルートプレーニング、歯垢を増加させる因子(むし歯や補綴物)の修正、かみ合わせの調整などを指し、すべての歯周病患者に行うものとされています。

もう一つは「歯周外科治療」。先の「歯周基本治療」をしても、4ミリ以上の歯周ポケットが残っている場合や破壊された歯周組織を再生する場合には、歯周外科による治療(手術)が選択されます。
di020102

コメントを残す