【食べ物が詰まると歯周病になりやすいのですか?】

食べ物が垂直的に挟まる場合には特に注意が必要です。歯間ブラシを使ってください。

歯と歯の隙間が空いていると食べ物が詰まりやすくなってしまい、歯周病の原因となります。ただし食べ物の詰まり方によって歯周病になりやすいかどうかは左右されます。
特に同じところに食べ物が挟まるのは要注意です。毎回その部分に力が加わって歯と歯の間が広がってしまうからです。隙間が広くなれば歯垢(プラーク)や歯石が付きやすくなるし、特定の歯に毎度力が加わると、その部分の歯周組織が圧迫されて血流が悪くなってしまい、さらに歯周病が進行してしまいます。

歯周病は歯と歯の間から始まりますので、食べ物が歯と歯の間に詰まりやすいという人は歯間ブラシやデンタルフロスを使って丁寧にケアしましょう。

コメントを残す