【歯周病があると他の病気になりやすいのですか?】

メタボリックシンドローム、いわゆるメタボなどの生活習慣病のリスクが高まります。

以前から、歯周病菌は血液中に入り込んだり喉から飲み込まれるため全身の病気との関連が指摘されています。近年明らかになってきたのは歯周病から糖尿病や肥満、動脈硬化などのメタボリックシンドロームに関係する生活習慣病のリスクを高めます。
メタボリックシンドロームの元凶は、おなかの中に脂肪がたまる内臓脂肪です。歯周病で強い炎症を起こしている歯周組織に多量に存在している炎症物質のTNF-αは内臓脂肪からも分泌されるので、歯周組織にあるTNF-αが血液中に流れ込むと内臓脂肪が分泌されるTNF-αに上乗せされてメタボリックシンドロームがさらに悪化すると考えられています。
またTNF-αは血糖を処理するインスリンの働きを低下させてしまうので、歯周病があると糖尿病が悪化しやすいことも分かっています。歯周病菌は血管内に入って血管壁に付着すると動脈硬化が始まると言われております。実際に動脈硬化のある冠動脈から歯周病菌が発見された報告があるので気を付けましょう。

コメントを残す